2007年2月から
アクセス数 : 1186469
Seit 02.2007
       
Share (facebook)

ドイツ生活メモ <ドイツでの健康・病気>

 

母子手帳 (Mutterpass)


ドイツではMutterpassと呼んでいます。
産婦人科の医者や病院で妊娠が確認されましたら、すぐその場でMutterpassが手渡されます。 それには本人自身の健康状態や診察の経緯、結果などが詳しく記載され、出産までの重要な記録となります。 又万が一の時にもMutterpassの記録内容から、適切な応急処置を受ける事も可能になります。 健康、安全な出産のための記録簿です。 よって、出産まで常に携帯しておく必要があります。
Kinderpassという単語がありますが、これは10才以下の子供に発行されるパスポートの事で、Mutterpassや子供手帳などとは関係ないので注意。

 

 

予防接種 (お子様用)

 

予防接種の発展で20世紀には、それまで広まっていた危険な伝染病は減少の一途をたどりました。
戦後ドイツでは、一時年間10.000人の子供が伝染病で亡くなっていました。
今でも、特に一才以下の子供は病気に伝染され易い危険性を持っています。
しかし、現在のドイツではお子様用の予防接種は義務付けされてはおりません。
予防接種はすべきかどうかの判断は難しいところです。
その効果は? 副作用の危険性は? 予防接種の間隔は? などを考慮し、医者と相談しながら決めていきます。 一般的には予防接種を勧める意見が多いようです。
特に、
ヨーロッパにある病気、又は旅行先や長期滞在先にある病気に対して
病気自体が危険な場合 〈例: 破傷風 Tetanus〉
危険な害を及ぼす病気に対して 〈例: 麻疹 Masern〉
有効な薬がない病気に対して (例: ジフテリア Diphtherie) 
勧める理由
長期的な病気を引き起こすジフテリア(Diphtherie)、小児麻痺(Polio)などに対する保護
予防により、病気の絶滅に効果
予防接種により健康な体作り
今日の近代的な予防接種には、危険な副作用、アレルギーを引き起こすのは稀
勧めない理由
経験した子供の病気は、その後生涯免疫性がある
注射は小さい子供にとって重荷となる
予防接種反応を引き起こす場合がある (例: 赤くはれ上がってしまう、発熱)
疲労、下痢、精神不安を引き起こす事がある
予防接種による障害は考えられるが、何れにせよ予防しなかった事による発病の障害よりは遥かに少ない。 但し、障害が生じたら、すぐに医者に相談する事。
次の場合は予防接種を避ける事
本人が健康でない時
本人の身体の免疫システムが弱っているように判断される時

<追加>
予防接種の種類とその時期
今ドイツで勧められている予防接種は次の通りです。

生後2ヶ月 - 4ヶ月の赤ちゃん
破傷風 Tetanus 毎月
ジフテリア Diphtherie 毎月、計3回
百日咳 Keuchhusten (Pertussis)毎月、計3回
小児麻痺 Kinderlaehmung (Polio)毎月、計3回
B型肝炎 Hepatitis B (HB)毎月、計3回
肺炎 Pneumakokken 毎月、計3回

生後11ヶ月 - 14ヶ月の幼児 破傷風 Tetanus 再開
ジフテリア Diphtherie 再開
百日咳 Keuchhusten 再開 (Pertussis)
小児麻痺 Kinderlaehmung (Polio)再開
B型肝炎 Hepatitis B (HB)再開
肺炎 Pneumakokken 再開

脳膜炎 Meningokokken - 生後12ヵ月後に一回だけ
麻疹 Masern
風痘 Windpocken
おたふく風邪 Mumps
風疹 Roeteln

生後15ヶ月 - 23ヶ月の幼児 麻疹 Masern 二回目
風痘 Windpocken 二回目

2才 - 4才までの子供
今まで上述の予防接種を受けて来なかった場合 5才 - 8才までの子供
破傷風 Tetanus (Auffrischimpfung)
ジフテリア Diphtherie (Auffrischimpfung)
百日咳 Keuchhusten (Pertussis)(Auffrischimpfung) 

9才 - 17才までの少年少女
破傷風 Tetanus (Auffrischimpfung)
ジフテリア Diphtherie (Auffrischimpfung)
百日咳 Keuchhusten (Pertussis)(Auffrischimpfung)
小児麻痺 Kinderlaehmung (Polio)(Auffrischimpfung)

子宮頚ガン HPV - 12才から17才までの少女のみ

18以上の大人(60才以上の高齢者も含む)
破傷風 Tetanus - その後10年毎 (Auffrischimpfung)
ジフテリア Diphtherie - その後10年毎 (Auffrischimpfung)
百日咳 Keuchhusten (Pertussis)(Auffrischimpfung)

60才以上の高齢者のみ
肺炎 Pneumakokken 一回のみ
インフルエンザ Grippe 毎年

Auffrischimpfung - 再度の予防接種

これらの注射の数を少なくするため、各種混合したものがあります。
Masern/Mumps/Roeteln/Windpocken (MMRV)
(麻疹/おたふく風邪/風疹/風痘)
生後11−14ヵ月後に一回、それから4−6ヵ月後に更にもう一度行います。
Diphterie/Tetanus/Pertussis (DTaP)
あるいは更に混合した
Diphterie/Tetanus/Pertussis/Polio/Hib/HepatitisB(Sechsfachimpfstoff6種混合予防接種) 
(ジフテリア/破傷風/百日咳/小児麻痺/b菌敗血症/B型肝炎)
最初に生後2ヶ月位に、それから生後3ヶ月後、4ヵ月後、11−14ヵ月後の合計4回行います。

 

風邪予防5つの対策 (健康対策にも適用)

1.精神: 風邪に対する免疫システムの強化には精神上の安定も大事。
ストレスをなくし、友人との楽しい付き合い、笑い そして歌う事も効果あり。
   
2.栄養: ビタミンやミネラルを充分摂る事。 肥満を避ける。
果物や野菜(ビタミン)、肉やパン類(ミネラル)、魚や肉類
   
3.運動: 短時間でも定期的な運動、但し息が切れるほどの過激な運動は不要、散歩だけでも有効。
少なくても、週に45分位で2−3回で充分。
   
4.薬草: 免疫システムの強化には、薬草を利用する。
例:Echinacea (ヒマワリの一種)
  Taigawurzel (シベリア、北部アジアの針葉樹の一種)
  Pelargonie (Geranien、てんじくあおいの一種)
  Ginseng (朝鮮人参)
 
     
(Echinacea)   (Taigawurzel)   (Pelargonie)   (Ginseng)
   
5.手入れ: 特に風邪などは手から感染する事も多い。 よって手は頻繁に洗う事。
極端な場合、礼儀に反しない限り、握手も避ける。
又、40度位の温水に足をつけるのも(Fussbad)、身体全体の血液循環を促す。
又、充分は睡眠を取る。 但し、そのために常に誕生会などのパーティを避ける事は良くない。
楽しく、上機嫌でもある事も精神安定や健康に大事。

 

風邪とインフルエンザ

ドイツ語では風邪をErkältung、インフルエンザ(流行性感冒)をGrippeと呼ぶ。
症状の違いは下記を参照。
風邪は身体が冷えた時に起こる軽い症状だが、Grippe=インフルエンザ(流行性感冒)はインフルエンザウィールスに感染した
重い病気で、全世界で年間約50万人が死亡する危険な病気。
インフルエンザが特別に流行する年としない年がある。 最近2年間は活発でなかったので、2008年はインフルエンザ流行の年と
恐れる専門家もいる。

インフルエンザの予防:
唯一の効果のあるのはワクチンの予防接種。
但しワクチンの免疫力に持続性がないので、毎年行った方良い。
特に免疫力が弱まっている60才以上の高齢者には必須。
9月頃よりワクチンが出回る。

風邪とインフルエンザとの症状の違い:


病気の開始
ネッヌョ
関節・筋肉の痛み
だるさ
頭痛
風邪
数日間かけてゆっくり
まれで通常38,5度以下
まれか極くわずか
まれ
まれかそうひどくない
インフルエンザ
1−3時間内に突然に
40度以上の高熱
かなり痛む
かなりだるくなる
常に頭痛を伴う

 

風邪のシーズン、誤りの先入観

1. 風邪にはキスは禁物
キスで風邪がうつるのはまれ。 唾共に胃に入ったウィールスはそこで破壊される。 身体的な快感はむしろ免疫性を強化する。

2. サウナは風邪に良い。
サウナで心身を鍛えられるのは健康な状態の時だけ。 風邪気味でサウナに入るのは、身体の免疫性、抵抗力を却って弱めてしまう。

3. 寒い所に長くいると風邪をひく。
この関係はまだ証明されていない。 風邪は、くしゃみなどでウィールスによって伝染される。
冬に夏よりも風邪が多いのは、閉ざされた暖房の効いた室内が風邪ウィールスにとって心地よい場所になっているから。

4. 風邪気味にはちょっとスポーツするのが良い。
身体の抵抗力、免疫性は既に弱っているので、更にスポーツは悪化させる。 風邪薬を飲んで、むしろ出来るだけ静養する。

5. 鼻づまり防止のスプレーは無害
使用し過ぎると却って血の巡りを悪くし、内部の皮膚表面を乾燥させ、激しいクシャミを起こす場合がある。 よって数日など長期に使用しない方がよい。

6. 風邪はインフルエンザに発展する事がある。
約200種類ある風邪のウィールスは、インフルエンザウィールスとは全く違うもの。
風邪がインフルエンザになる事はない。 但し身体に免疫性、抵抗力が弱っているので、インフルエンザウィールスが入り込み易くなる。

7. Antibiotika(抗生物質)は鼻かぜに効く
Antibiotika(抗生物質)はバクテリア伝染防止用で、風邪のウィールスには無力。

8. Echinaceaは風邪の予防になる。
ドイツでは多くの人に風邪の予防として服用するが、米国での研究で、風邪には効用は全くない事が分かった。

9. ビタミンCは風邪の予防になる。
広く思われているこの先入観は、オーストラリアとフィンランドの学者によって、直接的な効用はない事が判明している。
但し、充分なビタミンを得る事は身体の免疫性、抵抗力を強める効果がある。

10.風邪が流行っている時は、他人との交流を避けたようがよい。
確かに人が多いところでは、ウィールスも多くなる。 但し、人との交流で楽しく感じる事は身体の免疫性を強める。 隠遁者生活は間違い。


 

何故冬にインフルエンザが流行りし易いか?

これは長い間謎だった。

推測として、
1. 冬は人間が室内にこもり易く、狭い場所で他の人との接触機会が多くなり、それだけ伝染し易い。
2. 冬は日光が少なく、それだけ人間の免疫システムを弱めてしまい、ウィールスが体内に入り易い。
の2点が考えられた。

ところが最近の米国オレゴン州立大学での研究によると、上記の要素よりも、空気の乾燥に大きな原因があるとした。
冷たい空気は暖かい空気よりも湿気を吸いにくく、湿気が夏の空気より遥かに少ない。 湿気の薄い空気中ではウィールスが長生きし、伝染率が高くなる
ある科学雑誌で専門家も発表している。
乾燥した空気が何故ウィールスに好都合で、長生きさせるかはまだ分かっていない。

部屋に湿気の保ち方:
空気の入れ替え
植木や植物を部屋に置く
湿ったタオルを暖房に上に載せる



 

新型インフルエンザ(Schweineinfluenza)に関する最新情報




4月29日
メキシコから発生した豚インフルエンザが世界に広がりをみせているが、遂にドイツでも3人の感染者が確認された。
1人はHamburgで22才の女性、バイエルン州のKulmbachで37才の女性とRegenburgの30才代の男性の3人。 しかし何れも既に回復に向かっている。
しかし他にも感染が疑わしい多数の人たちが検査を受けており、今後増える可能性もある。
又これまで死亡者はメキシコだけに限られていたが、メキシコ以外で初めて死亡者がでた。
米国で23ヶ月の赤ちゃんがウィールスに感染して死亡した。
豚から人間に感染するウィールス(H1N1)は、人から人へも感染する。

感染の症状:

通常のインフルエンザに酷似。 発熱、倦怠感、食欲の喪失、咳。 場合により、鼻水や喉の痛み、嘔吐、下痢など。
感染から数時間の短時間内で症状が出る場合もあるが、通常3日位後。 この間、ウィールスは既に鼻から発生しており、他人に感染させる恐れあり。
感染の疑いのある人はHotline 030-187554 4161に問い合わせする事が出来る。

予防:

手を頻繁に洗う事。 石鹸と通常の水で十分。 特別な化学製品の使用は必要ない。
目、鼻、口から感染し易いので、手で顔を触らない事。

人で混雑している場所を避ける。
握手、抱擁、キスなどを避ける。
マスクをする事はあまり勧められていない。

5月21日
新型インルエンザ、デュッセルドルフで初の感染者!
(簡略) ドイツでの感染者は今の所15人、全世界で約10.000人となっている。

5月23日
デュッセルドルフ新型インフルエンザで幼稚園が閉鎖!
(略)

5月30日
新型インフルエンザは弱毒性! 
(略)

6月2日
新型インフルエンザ、ドイツに新たな9人の感染者!
(簡略) これでドイツの感染者は32人。 3人がヘッセン州、2人がNRW州など。


6月10日
デュッセルドルフ日本人学校で新型インフルエンザ感染者!
(簡略) 13日の日本デーは予定通り開催。

6月13日
新型インフルエンザについて知っておくべき事。

1. 感染の方法は?
唾による感染。 つまり会話、咳、クシャミなど。 更に汚れた物体の表面との接触を通じて感染する。

2. 予防方法は?
頻繁な手の洗浄。 特に料理や食事の前、トイレの後。 更に帰宅後。
石鹸で充分洗う。

3. 感染者から守る方法は?
近づかず距離を保つ。

4.感染したと思ったらどうするか?
医者に電話をいれる。 医者には、他の人に感染させないように、すぐには行かない。
感染地域に行った事、感染者と接触した事などを連絡する。

5. 診察方法は?
TamifluとRelenzaの2種類のアンチウィールス薬の服用。
但し病気症状発生から遅くとも2日内に服用する。

6. ウィールスはどう危険なのか?
現時点はではこのウィールスは穏やかなものと見なされている。
警戒すべきは人から人への感染が非常に簡単な事で、すぐに広がり易い事。
ウィールスが突然変異した場合は死に至る事もある。

7. 突然変異(Mutation)はどのように起こるか?
ウィールスは感染者の体内で増え続け、広がり続ける。 この増殖の際に突然変異が起こる事がある。

8. 外国への休暇は大丈夫か?
大丈夫。 ドイツ外務省は何らの警告を出していない。
但し感染者の多い国へは充分に注意し、現状を把握しておくべき。 
例;米国、メキシコ、カナダ、チリ

9. 主な症状は?

ネッヌョ
頭痛
だるさ
関節の痛み

6月20日
新型インフルエンザはその後も日本人学校生徒など感染者が拡大!
NRW州だけで約100人、ドイツ全体で約200人となっている。 今の処までは重大な事態には至っていない。
しかしウィールスの突然変異により、人体に非常に危険になる恐れもあるので、充分に注意が必要。


6月23日
日本人学校、6月23日(火曜)から再開!
(簡略)
デュッセルドルフでの感染者は今のところ95人となっている。

7月26日
ドイツで止まらない新型インフルエンザの感染、むしろ早いスピードで拡大中!


7月30日
中曽根外相が新型感染拡大防止にデュッセル市長Elbers氏に感謝の手紙
「市の協力なくして、日本人社会での感染拡大防止は成し得なかった」と感謝の意を表した。
丸尾総領事も「デュッセルと日本人社会の協力はデュッセルだからこそ可能だった」と市に感謝した。
自宅隔離で日本デーに参加出来なかった日本人学校の生徒達に市長Elbers氏は別途にSummerfestival開催を約束していたが、
8月15日にApoloplatzでの開催が決まった。

8月14日
ワクチン予防注射のコスト負担方法が決定!
法定医療保険会社が最初の4千万人分を負担。 これは約1兆3千億円に相当する。
それ以外は国又は州で負担する事になった。 これに財政負担から反対している州もある。
感染者は絶対に自分でTamiflu(タミフル)を服用しないように、予防薬にもならない事を関係役所は警告している。

9月2日 新型インフルエンザワクチンの注射準備が進んでいるが、ドイツで初の死亡者か?
ドイツで初めて生死をさまよっている重病患者が出た。 スウェーデンでも初の死亡者!
ワクチンの注射準備は急ピッチで進んでおり、10月中旬より開始される見通しとなった。
政府関係者を含めた衛生・保険関係の官庁関係者が優先してまず予防注射を受ける予定。
ドイツでの感染者は現時点で16.116人に増加しているが、増加率は一日平均300人から240人程度に落ちているが、秋には再び急激に
増える事が予想されている。



9月3日
遂に新型インフルエンザに予防効果のあるワクチンが開発された!? 新開発されたNovartis予防注射の最初の実験で100人の内80人が一回の注射で予防効果を表し、二回の注射で更に強い免疫効果が証明された。
今後更に6000人を対象に事件を継続していく予定。 結果が注目される。



9月13日
オンライン販売のTamiflu(タミフル)に、専門家は警告!
新型インフルエンザに効力があると云われるTamiflu(タミフル)はドイツでは医者の処方箋がないと薬局で買えない。
しかしインターネットでオンライン業者から自由に購買出来る。  これに対し専門家は警告を出している。 つまり不通に常用すると身体に抵抗力が付いてしまい、実際に新型インフルエンザにかかった場合にTamiflu(タミフル)の効力が
なくなってしまう恐れがあるというもの。




9月15日
新型インフルエンザの感染力は予想されたよりかなり長期?
新型インフルエンザ感染者の熱が下がってから24時間後には感染力がなくなるので、それから自宅隔離又は病院から社会に復帰出来るとされていたが、カナダでの研究で、
19%から30%の感染者にはその血液の中に更に8日間までウィールスが残っているのが判明された。 現在研究が続行されている。


9月23日
新型インフルエンザ予防注射、いよいよ10月後半から開始!
10月19日に5千万本の予防薬Pandemrixの供給が始まり、すぐに予防接種がいよいよ開始される!
これまでの実験から、その効力が実証されている。
予防接種の対象はまず病院・医者関係者、消防・救急関係者、警察関係者、そして妊娠者、緊急患者、子供、青年、48才までの者が続く。



10月10日
ドイツ全国で予防接種が10月26日より開始!
副作用の恐れがないとして、予防接種を受けるように公式に表明された。
私は実験モルモットにはなりたくないと接種を拒否する人もいる。

10月11日
一般への予防接種Pandemrixの開始は11月中旬より!
予防接種はPandemrixと呼ばれ、2種類の薬品から成り、H1N1-Virus-アンチゲン(抗原)とAdjuvans(補強剤)と呼ばれるもので、別々に製造されて配布される。
10月12日(月)より各州に配達される。 接種前に両薬品がミックスされ、約10人分として大きなビンに保管される。

(小さなビン=抗原)(大きなビン=Adjuvans)





10月17日
一般ドイツ人は予防接種に拒否反応!
10月26日から指定された職種の人から新型インフルエンザの要望接種が開始され、一般には11月中旬から始まる予定。
しかし副作用を恐れて、予防接種を拒否する人が非常に多い事が最近のアンケートで分かった。 積極的に予防接種を受けると答えた人は全体の僅か12%!
よって副作用が問題視されている<補強剤>(Verstaerker)が取り合えずなしでの予防接種が開始される事にもなりそう。
一部の医者は、<補強剤>(Verstaerker)が一部の人にアレルギーを起こす可能性を指摘している。

10月19日
一般人用の予防接種は<2級品>?
まもなく開始される予防接種には2種類ある事が分かった。
政府・官庁関係者及びドイツ国防軍関係者と兵士用 – Celvapan、含まれる血清が違う。
一般人用 – Pandemrix、副作用が噂されるAdjuvans(補強剤)が入っていないもの。
よって一般人用は2級品か?との印象、批判が出て来た。
政府はどちらも品質には変わりはなく、両方とも安全と噂の否定に躍起となっている。
しかしCelvapanは小さなリスク、Pandemrixは大きなリスクという専門家もいる。

10月20日
更に新型インフルエンザで知っておくべき事!

予防接種は充分にあるか?
ある。 但し予防接種は恐らく2010年1月まで続く見込み。

予防接種は義務付けられているか?
いない。 あくまで本人の自主的判断による。

誰が優先的に予防接種が受けられるのか?
医療関係者、妊娠中の女性や急性病人の人達。

誰が予防接種を行うのか?
登録された医者全部、つまり掛かりつけの医者、病院。

予防接種の料金はいくらか?
無料!

予防接種の効力は何時から?
通常接種から2 – 3週間後。 10才以下の子供や 60才以上の高齢者は3週間後に再び予防接種を受ける事が勧められている。

新型インフルエンザの予防接種は通常のインフルエンザの予防にもなるか?
ならない。 よって2種の予防接種が必要で、同時に行っても問題ない。 但し別々の注射器に分けて行う。

新型インフルエンザの予防接種には副作用があるか?
ある。 注射箇所の痛み、熱、めまい、頭痛、関節痛など。
予防接種Pandemrixに補強剤(Verstaerker)が含まれているので、これが副作用を強くする。

何故補強剤(Verstaerker)が必要なのか?
これにより抗原剤の量が1/4で済む。

Pandemrix及びその他の予防接種は安全か?
夫々5.000 – 10.000人に実験した結果通常の副作用しかみられなかった。

妊娠女性には予防接種は危険か?
妊娠女性は2日以上熱を持ってはいけない。 掛かりつけの医者はよって解熱剤も準備させる必要がある。

10月22日
10月26日(月)より予防接種が各地で無料で実施!
デュっセルドルフではErkrather Str. 345 – 349 中央接種センターで8時から17時まで行われる。
但しSaarland州では10月28日から。
ベルリンでは、州からの医者への料金巡って論争があり、取り合えず医者が接種をボイコットする方針。
但し、医療関係者などの優先職種から開始。一般用予防接種は11月中旬までずれ込む恐れ。
予防接種に関する相談にも応じる。
接種の際は注射個所が多少の腫れや軽い熱や関節痛が出る事がある。
効力約3週間。 その後引き続き予防接種が必要であるかどうかはまだ決まっていない。

各州のHotlineは下記の通り。

Baden-Wuettembert 01805-633225
Bayern 089-560101
Berlin www.berlin.de
Brandenburg Hotlineなし
Bremen 0421-36114444
Hamburg 040-428373795
Hessen 0800-4400550
Meckenburg-Vorpommen www.regierung-mv.de
Niedersachsen 0511-4505555
Nordrhein-Westfallen 0180-3100210
Rheinland-Pfalz 06131-165200
Saarland 0681-5013694/5
Sachsen 0351-564-5555
Sachsen-Anhalt 0391-5377111
Schleswig-Holstein 0431-1606666
Thueringen 0361-07743090

10月23日
デュッセルドルフでも予防接種実施の医者が辞退!
ベルリンと同様に(上述参照)、デュッセルドルフでも予防接種実施を表明していた20余りの医者の内、約半分が辞退!
直接的理由は州の法定医療保険医者組合から支給される予防接種の料金の安過ぎ!
デュッセルドルフではたったの5EUR、隣の都市ノイスでは14,80EUR! そのためかノイスでは辞退者はいない。
表向き理由としては、1.情報が不明確で不安感がある。 2.万が一の場合の責任の所在が不明確。
そのため一般の人にも予防接種の積極的に受けるとしているのはたったの10%! 明確に拒否する人は50%近くもいる!
政府関係者は安全性を訴え、予防接種を積極的に勧めている。
因みに、新型インフルエンザでの死亡者はドイツではこれまで2人。 普通のインフルエンザでの死亡者は毎年なんと10 – 15.000人!
つまり現状では普通のインフルエンザの方が新型インフルエンザより遥かに危険なことになる。
普通のインフルエンザの予防接種はすでに始まっており、職種に制限なしにどの医者からでも受けられる。

10月27日
10月26日(月)より医療関係者、警察関係者、消防関係者、妊娠女性から新型インフルエンザの予防接種が始まった。
混乱、混雑は全くなく、デュッセルドルフでは8時開始時間に8人が待っていた程度だった。
各地の予防接種センターでも待合室は空っぽだった。
ドイツでの感染者は今の所25.000人、死亡者は3人となっている。

10月29日 
新型インフルエンザの間違った先入観

感染は感染者からのクシャミや咳で感染する。
間違い: そればかりではなく、ドアーの取っ手、パソコンのキーボード、紙幣やコインなどの手の接触だけで感染する。
よって手は頻繁によく洗う事が予防に大事。(4月29日記事参照)

新型インフルエンザは普通の風邪(インフルエンザ)より危険だ。
間違い: 今までは大きな大事に至らないで済んでいる。
事実、新型インフルエンザによる死亡者はこれまで3人で、しかも新型インフルエンザによる直接ではなく、他に持病のある人だった。
それに対し、直接風邪(インフルエンザ)による死亡者は毎年10.000 – 15.000人に上っている。
但し新型インフルエンザ・ウィールスH1N1は感染過程で別型のウィールス、つまり抵抗力や感染力の強い、
生命に非常に危険なウィールスに突然変異(Mutation)する事があるので、注意が必要。
(風邪とインフルエンザの違いは別項<風邪とインフルエンザ>参照)

Antibiotika(抗生剤)も効果があり、役立つ。
間違い: 直接効果はない。 新型インフルエンザはウィールスが原因で、Antibiotika(抗生剤)はバクテリアにしか効力はない。 よって新型インフルエンザには補足として使用される場合がある。

11月2日 
感染第二波! 更にスピードアップ。 更に3人死亡。 今や予防接種は長蛇の列!

感染のスピードが従来より2倍に速くなっており、ドイツですでに30.000人の感染者、死亡者は6人となった。 予防接種には今まで懐疑的だった人も受けるようになった。
感染経路はもう外国ではなく、ドイツ国内で広がっており、90%の感染者はドイツ国内で感染している。 これからも拡大していくもの予想されている。 一部では休校も余儀なくされている学校も出てきた。

追加の注意点:
一度の予防接種で充分か? - お勧めは2週間後に2回目の予防接種。
通常のインフルエンザは? - 別々に予防接種をする事が勧められている。
子供の予防接種は? - 予防接種は6ヶ月以上の赤ちゃんや子供用にも適用される。

11月06日
感染拡大によりワクチン不足! 妊婦は? 子供は?
感染第二波で、感染の急激な拡大により、死亡者はその後3人増え、合計9人になった。予防接種には懐疑的だった人も予防接種を受けるようになり、
各病院では長蛇の列で、ワクチンPandemrix不足に陥る所も出てきた。
この補強剤(Adjuvans)が入ったPandemrixは妊婦や子供には大丈夫か今まで議論があり、混乱があった。
実験結果がないと妊婦への接種を断る医者もある。また何才からの子供に大丈夫かもいろいろ議論があり、接種の前に各医者に前以て相談する事が勧められている。
生徒に感染が認められた場合は自宅療養が義務付けされているが、休校するかどうかは校長などの責任者の判断に任されている。

11月10日
各州の予防接種受付医者のリスト検索

Baden-Württembergは
こちら
Postleitzahl(郵便番号)又はOrt(都市名)を入力、又はLandkreis(地域名)選択して、SUCHEN

Bayenは
こちら
下の地域を選択しクリック

Berlinは
こちら
Postleitzahl(郵便番号)を入力してFinden

Brandenburgは
こちら 下の地域を選択しクリック

Bremenは
こちら
リストが表示されるが、それにはAdobeReader8以上が必要

Hamburgは
こちら
リストが表示される。

Hessenは
こちら
リストが表示される。

Mecklenburg-Vorpommernは
こちら
リストが表示される。

Niedersachsenは
こちら
リストが表示されるが、それにはAdobeReader8以上が必要

Nordrhein-Westfalenは
こちら
リストが表示される。
Duesseldorofは
こちら
リストが表示される。

Rheinland-Pfalzは
こちら
リストが表示されるが、それにはAdobeReader8以上が必要

Saarlandは
Hotline: 0681-5 01 36 95

Sachsenは
こちら
リストが表示される。

Sachsen-Anhaltは
Hotline: 0391-5 37 71 11

Schleswig-Holsteinは
こちら
リストが表示されるが、それにはAdobeReader8以上が必要

Thüringenは
こちら
リストが表示されるが、それにはAdobeReader8以上が必要
 
11月19日
予防接種を開始して3ヶ月、約百万人以上の人が予防接種を受けた。 その実際の副作用は?
予測していた通り、接種個所の痛み、腫れ、そして頭痛、発熱、筋肉痛、疲労感などがみられた。重症とみられた副作用は極僅かだが、2件の死亡もあった。
その他、血液循環の乱れ、ショックなどのアレルギー反応が接種直後又は30分後にあった。

11月20日
インフルエンザの季節、新型インフルエンザもヨーロッパでも急速に拡大中。
特にノルウェーとポーランド。
フランスでも予防接種には懐疑的で、イタリアでは子供だけが予防接種を実施している。
オーストリアではすでに10万人の人が予防接種を受けたが、補強剤の含まれていないCelvapanが使用されている。
ノルウェーではすでに20人の死亡者がでており、予防接種は補強剤の入ったPandremixを使用。 ポーランドでは副作用の怖さに予防接種は行っていない。
よって新型インフルエンザが急速に広がっている。




11月23日
インフルエンザ症状が出てからでも予防接種は遅くはないか?
発熱、頭痛、疲労感、咳 – これらは典型的な新型インフルエンザの症状。
免疫の効力はある程度あるのですべき。 但し予防接種の効力は14日後でないと出て来ないので、現症状には間に合わない。

普段の小さな予防:
エレベーターなどのボタンは指ではなく、顔のとの接触の少ない骨のある関節で押す。


ドアーの取っ手などは直接手ではなく、紙、布、手袋などを間に使用する。


ドアーのロック、呼び鈴なども同様。


銀行自動支払機などのボタンもボールペンなどを使用する。


重要なのは手は頻繁に洗う事。
 
11月30日
新型インフルエンザの感染者数がやっと減り始めた!
先々週には約34.000人の感染者がいたが、先週では約6.000人減った。
この傾向はドイツ全国に及びヨーロッパ全体も同様の傾向を見せている。
しかしこれは一時的な現象でもあり得るため、WHOなどはまだ警戒を呼びかけている。

1月12日
デュッセルドルフ接種事務所Erkrather Strasse閉鎖!
接種する人が極端に減ったたため、接種のために設けた接種事務所Erkrather Strasse閉鎖し、Koelner Strasseにある健康局(Gesundheitsamt)に移転する事になった。
デュッセルドルフでは今まで12%の人が接種を受け、全国平均の5-6%を上回っている。

 

コレステロール ?  「悪玉」 (LDL) と 「善玉」 (HDL)って ?

日本人の死因の第一位はガン、次は心疾患、脳血管疾患。
つまり動脈硬化(Arteriosklerose)が原因。
その動脈硬化(Arteriosklerose)の原因は脂質異常症(高脂血症)の増加、つまりコレステロール値の高さ。
大人には約150g程のコレステロールをもっており、95%は細胞の中、5%が血液中に入っている。
脂質異常症とは血液中のLDL(悪玉)コレステロールが過剰な状態。
血液の流れが滞ったり、血管損傷になる。
自覚症状がないので、その危険性に気が付かず、突然に心臓が痛み出す狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの生命に関わる重大な発症が起り、手遅れになる場合がある。
しかし狭心症、心筋梗塞、脳梗塞の原因はコレステロールに因る動脈硬化だけではない。
次のような他にも要因がある。
遺伝性
加齢 (男55才以上、女性45才以上)
高血圧
糖尿病

しかしコレステロールは全てが悪いわけではない。 むしろ逆に人間の生命に必要なコレステロールもあり、特に細胞外皮やホルモンに必要な成分で、
人間の身体を形成する細胞の膜の構成部分として重要である。
よってコレステロールには2種類あり、肝臓で作られたコレステロールを体内に運ぶのが、「悪玉」コレステロールLDL(=Low Density Lapoprotein)、
通常160以下でなければならない。
「悪玉」(LDL)が過剰になると血管の壁に溜まってしまい、血管の曲がれを悪くし、動脈硬化を進行させる。 これが「悪玉」と言われる由縁。
もう1種は体内の臓器で余ったコレステロールを肝臓に戻すのが「善玉」コレステロールHDL(=High Density Lapoprotein)で、通常40以上なければならない。
「善玉」の(HDL)は血管を掃除し、きれいにする作用もある。

コレステロールの体内での量は遺伝性もあるが、悪い食事法、肥満、運動不足なども大きな悪影響を及ぼす。
リンゴ、鮭、ニシン、マス、まぐろなどの魚、ピーナツなどはコレステロールに良く、脂肪の多いファーストフード、サラミ、ハム、ソーセージ、チョコレート、
ケーキは良くないとされる。

コレステロール値(Blutfettwert)は血液検査でわかるので、常に医師と相談、血液検査で定期的にコントロールが必要。

治療は食事療法と運動、そして薬の服用。



 

 

関節痛(リウマチ)には ? その対策法




ドイツ最大の国民病リウマチ。2千万人がこの痛みに悩んでいると云う。
患部が急激に腫れる急性リウマチと老齢化による関節の消耗による慢性リウマチに大きく分けられる。
しかしその原因はまだ分かっていない。

対策法

薬 
痛みが激痛でない場合はParacefamolが有効。
これで充分でない場合はIbuprofen、ASS(Aspirin)、Declonac、Naproxen或いは新薬Celecoxib、Etorcoxib

軟膏
痛みを和らげる塗り薬。
例:Diclofenac、Voltaren

体操
身体を動かし、伸ばしたりする事は、縮んだ筋肉に好効果。
繰り返す事で筋肉を良くし、関節の機能を高める。

運動
多く動き、但しやり過ぎない事。 痛みのある部分は絶対に動かさない。
Tenis、Squash、Skiなどの激しいスポーツは避ける。
自転車、水泳、山などの自然散策、小走りな散歩などは良い。

注射
痛みがひどい時はKortison注射が痛みを短時間で和らげる。
経験のある医者に任せ、多くて年に4回打ってもらう。
Hyaluronsaeure注射もあるが、これは勧めない医者もいる。

Ergo治療
指の関節にはErgo治療がある。 毎日指の運動で、指の動きを回復させる。

患部を温めるか、冷やすか
急性リウマチには冷やす方が痛みを取り易い。
薬局に売っているGelkompresseを巻き付ける。
慢性のリウマチには暖めた方が効き易い。
例: Fango-Packungen

包帯、固定帯(Orthese)
包帯などで患部をあまり動かさないようにする。

(固定帯)(Orthese)


肥満
体重が過重だと、膝に負担をかけるので、5 – 10%のダイエットが必要。

(いろいろな形の関節)




 

 

冬、乾燥に対する肌の手入れ

寒さ、乾燥した空気、気温の変化、これは冬の肌に負担をかける。
肌に自然の湿気を与える事が大切。

● 室内湿度の保持
暖房は肌と気管支を乾燥させるので、暖房機に湿った布をかけておく。

● 顔の手入れ
顔に刺激性の少ないクリームを塗って湿気を保つ

● 水分を充分にとる。
これは冬に限らず大切。 お勧めは一日2リッター。

● 定期的なシャワー
血液の循環と新陳代謝を促し、肌内の血液の流れを促進する。

● 足の手入れ
足も日光、空気や手入れが必要。 時々足のマッサージをする。

● ソラリウムは禁物
肌を乾燥させてしまう。

● ピーリング
摩擦での洗浄は肌から汚れた、或いは死んだ細胞から解放し、肌がより良く呼吸出来るようになり、肌を新鮮にする。

● 家事仕事、清掃には手袋を使用
肌から化学洗剤の刺激を防ぐ。


 

長生きへの4つの法則 − 最近、英国での20.000人を対象にした研究で結果が発表された。

1.禁煙 − タバコは心臓マヒ、卒中、ガンを誘発します。一本のタバコはあなたの生命を8分毎縮めます。
   
2.運動 − 適度の運動は筋肉・骨の衰弱を防ぎ、免疫システムを強化し、血液循環を良くし、糖尿病や心臓マヒの予防になる。
   
3.果物と野菜 − 毎日適度に食べる事はビタミン、ミネラルなどの栄養分を吸収し、身体の細胞を保護します。
   
4.アルコール − 毎日グラス2杯のワイン、0,5リッターのビールなどは適度のアルコールで、心臓の保護になる。
   (但し、過度のアルコールは肝臓を弱め、更にガンや痴呆症のリスク促す事になります。)
   
<4項目追加(4月)>
5.セックス − 満足なセックス。 出来るだけ多くではなく、性欲がある限りがモットー。
   
6.睡眠 − 充分な睡眠を取る。睡眠不足は血液の循環に悪影響。
   
7.ストレス − 休憩を入れてレラックスしてストレスの解消。 瞑想、ヨガや趣味を楽しむ。
   
8.刺激 − 多く読書し、学習し、考えて脳を活性化する。

 

長生きへのコツ

<追加(11月)>

1.リンゴを毎日食べる − アルツハイマー、痴呆症のリスクを少なくし、悪玉コレスティロールと血圧を下げる効果。
   
2. 毎日30分の散歩や運動 − 日光でビタミンDの補給。 新鮮な空気心臓病や癌病のリスクを減らす。
   
3.毎日一杯のジュースを飲む − 一皿の果物や野菜に匹敵する。 特にブドウなどの赤いジュースが効果的。 糖分を含むものは避ける。
   
4.歯をきれいにする − 朝食後と寝る前の2回歯磨き。 きれいな口内は心臓や血液循環に好効果。
   
5.大豆 − たんぱく質の豊富な、豆腐などの大豆は肌に良く、人を若く見せる効果。
   
6.水の補給 − 消化に良く、一方食欲を下げる。
   

又精神的には

7.平衡感覚を保つようにする − 高齢で転んでしまうのは非常に危険な事。ない人より平均3年長く生きる。
   
8. 安定した夫婦関係 − 円満な夫婦は独身より平均7年長く、離婚者よりも10年長く生きる。
   
9.信仰 − どの宗教でも神を信ずる人は無信仰の人より平均7年長く生きる
   
11.楽観的思考 − あなたのコップには半分も入っているか半分しかはいっていないか。楽観的思考は8年も人生を長くする。
   
12. ペット − ペットは人に愛をくれる。 それが人生を2年長くしてくれる。
   
13.脳のトレーニング − クイズやゲーム、読書なでの精神的なトレーニングは、4年も人生を長くしてくれる。
   
14. 女性である事 − 女性は男性よりも平均10年寿命が長い。
   

逆に良くないのは

1.無秩序、未整頓 − 混乱(カオス)はストレスを生み、人生を1年短くする。
   
2. デプレッシオン − 落胆、悲観、退屈は人生を5年短くする。
   
3.一人っ子 − 兄弟・姉妹が多いに越した事はない。 一人っ子は平均5年も早く死亡する。
   
4.肥満 − 糖尿病、心臓病、ガンなどを誘因し、人生は3年も短くなる。
   
5.悪い姿勢 − 内臓や呼吸に悪影響。 2年人生が短くなる。
   
6.睡眠不足 − 人によりマチマチだが、平均6 – 7時間が適当。 それより睡眠が少ない人、極端に多い人は、人生を5年無駄にする可能性がある。
   
7.喫煙 − 喫煙者は平均8年早く死亡する。
   
8.大都市内住居 − 郊外に住む人より平均3年早く死亡する。
   

 

心臓強化への6つの法則

1.タバコを避ける  − 喫煙は心臓の袋を縮め、心不全のリスクを増大する。
   
2.数キロか30分程歩くか、適度な運動 − コレスティロールと血圧を下げ、心臓マヒのリスクを減らす。
   
3.毎日野菜と果物を食べる − 心臓とガンの予防
   
4.血圧に注意 − 90から140が適当。 この範囲外でしたら、医者に診て貰う。
   
5.コレスティロールに注意 − 血液中の含有量が5Millimol/Liter以上の場合、精密検査要。
   
6.肥満に注意 − 特に腹周り。 心臓に悪影響。 男性は100cm、女性は90cmが標準。

 

虫歯予防の7つの対策



1.年に2回、歯医者で検査又は掃除してもらう。
2.毎日朝と夜に2回歯磨きをする。
3.4−6週間毎に歯ブラシを新しいものと交換する。
4.一回の歯磨きは最低2−3分位。
5.歯の内側も忘れずにキチンと磨く。
6.歯の間も充分に磨く、場合により専用のブラシを使う。
7.舌も磨く。別のブラシか舌専用のブラシを使う。

 

健康な、そして幸せな生活のために、自分はどれだけ守れるか?




飲食
毎日リンゴを一個食べる - コレスティロール値を下げる
毎食事には必ず野菜と果物を一緒に食べる - 目の病気の予防にもなる
毎朝朝食を欠かさず取る – 炭水化物の貯蔵が空になっているので充電する
毎日黒チョコレートを食べる – 多く含まれるカカオは血液を洗浄する
毎日手のひら一杯のナットを食べる – 身体に重要な炭水化物、脂肪酸、植物繊維などを豊富に含む
定期的に魚を食べる – 含まれる脂肪酸が心臓、血液循環を良くする
毎日コップ一杯の果物ジュースか野菜ジュースを飲む – アルツハイマー病のリスクを75%も減らす
毎日2杯のコーヒーを飲む - 脳細胞を活性化する
毎日緑茶を飲む – 脳内の血液循環を促進する。 血管の柔軟性を保つ
毎日コップ一杯の赤ワインを飲む – 心臓の血液循環を良くする
水分を充分に摂る – 身体を健康に保つ為、毎日2リッターは必要
毎日ガムをかむ – 集中力と注意力を高める。毎日2-3個

運動
30分外に散歩に出る – 甘いものに対するものに対する空腹感を防ぐ
毎日3000歩く – 一年に体重を3%減らす事が出来る
毎日身体の均衡トレーニング – 例: 歯を磨く時、片足で立つ
毎日軽い運動で筋肉を伸ばして鍛える
しばしば大きなあくびをする - 脳内の血液循環を良くする

身体・脳
毎日シャワーを浴びる – 風邪に対する免疫力、抵抗力を高める
歯をきれいに、念入りに磨く – バクテリアが血内に侵入するのを防ぐ
睡眠をよく取る – 肥満を防ぐ
毎日外国語の単語を一つづつ覚える - 脳のトレーニング
日光にあたり過ぎるには肌を老化させる – 充分な日よけ止めをする
ハンドクリームなどで手の肌を大切にする

精神
友情を大切にする – 友達との交際は精神と身体を良い状態に保つ
静かな時間、一人の時間を作る - 自分の自由時間、ストレス解消

 

遺伝性のある病気 

家族や親戚に同じ病気になる人が多い場合、その病気は遺伝性があると思われる。
しかし、遺伝性があっても、その病気になるとは限らず、遺伝性があるのは、他の人よりその病気になり易いというリスクです。


Asthma(アスツマ) − 気管支炎ぜんそく

この病気になる人の30%は遺伝に由来する。 両親がぜんそくの場合、その子供は50%はその病気になってしまう。
症状 − 急に呼吸が苦しくなり、呼吸の際に「ぜいぜい」「ひゅうひゅう」という音を出す。 発作的な呼吸困難 
原因 − 気道のアレルギー的過敏症 
予防 − 室内のほこりやチリ、タバコの煙などのアレルギーを起こす物質を避ける。 マスクの使用。


Allergien(アレルギー)

片方の親がアレルギー症の場合は、その子供の40%もアレルギー症で、両親の場合は80%。
症状 − 異質の物質が体内に入ると、それに対し身体が過敏に反応してしまいます。 
花粉症 − クシャミが多発し、鼻汁が止まらない。
食品アレルギー − 腹痛、下痢、嘔吐など 
昆虫アレルギー − ハチなどに刺されると、極端に腫れる。 
その他、寄生虫アレルギー、薬物アレルギーなどがある。
予防 − 自分のアレルギーを誘発する物質(アレルゲンと呼ばれる)を避ける。 

<追加>
犬や猫を飼う事はアレルギー症の人には良くないとされてきたが、ルーベック大学での最近の研究で、むしろアレルギーを保護する結果が出てきた。 
犬や猫と一緒に育った子供は、犬や猫なしの子供よりアレルギーにかかるのが非常に少ないという結果が出てきたのである。 そのメカニズムはまだ判っていない。
 

Arzheimer(アルツハイマー) − アルツハイマー型老年認知症    

この遺伝子を持っている人は66%がかかり易いリスクを持っている。
通常60才以上になってから発症する。
症状 − 除々に進行する認知障害で、社会的対応は困難になり、重度になると摂食、着替え、意思疎通も出来なくなり寝たきり。
予防 − 脂肪酸の多い魚、ビタミンの多い野菜果物を食べる。 
適度な定期的な運動 
知的生活習慣 − 発症の危険を下げる。 読書、ゲーム、楽器の演奏、ダンス 
タバコを避ける。 喫煙は*発症の危険性を高める。

   Parkinson(パーキンソン病) − この病気は遺伝性はないが、認知症を発症し易く、この病気の78%の人が認知症になった。
   脳内の中枢神経系に存在する神経伝達物質ドーバミンの不足による神経変性疾患の一つ。
   症状を遅らすため、極力運動に励む。
   この病気の主な有名人 − アドルフ・ヒットラー、モハメッド・アリ、テノール歌手のペーター・ホフマン、ヨハネ・パウロ2世など。

<アルツハイマー追加(7月)>

忘れっぽいのはアルツハイマーの前兆か?

老齢と共に死んで機能しない脳細胞が増えていく。
この細胞はもう再生する事はなく、死んだ細胞が溜まっていくに連れ、脳全体の機能も衰えていく。
この過程はゆっくり長年にわたって続くので、本人はアルツハイマーになりつつあるのが気ずき難い。

初期症状:
家事などの通常の生活に、軽い障害を覚えてくる。思うように事が進められなくなってくる。
短期的な記憶力にも障害が出てくる。
場所の方向性が分からなくなってくる。
但し、例えば何かをしようとしてキッチンに来たが、何をしようとしたかそこで忘れてしまった というのは通常な事で、アルツハイマーの初期症状ではない。
通常またすぐに思い出すが、それが全く思い出せなくなった場合は危険信号

中期症状:
テレビ、ステレオなどのリモートが使えなくなってくる。
買い物や散歩などで知っている筈での場所でも方向性が分からなくなってくる。
短期的な記憶力さえなくなっている。
自分で衣服の着替えも出来なくなる。
言語障害を起こしてくる

末期症状:
介護なしには生きられなくなる。
話す事も出来なくなり、食事も取れなくなる。
治療方法がなく、病気は進行し、止められないので、最後は死亡してしまう。



Diabetes(ディアベーテス) − 糖尿病     

両親が糖尿病である場合、一世代を越えて孫に遺伝性が出てくる場合が多く、60%位となっている。
症状 − 血液中のぶとう糖の濃度が高くなり(血糖)、尿中にぶどう糖(尿糖)が排泄される。初期の症状が出て来ないので、この遺伝性を持った人や中年以降の人は積極的に検査を受けた方が良い。 
のどが渇く。 排尿の回数が多くなる。 常に腹がすき、多食になり、甘いものをやたらに食べたくなる。

      
Krebs(クレブス) − ガン 

症状 − 人体の約60兆個の細胞の内、生体内の自然の制御に反して、異常に増殖する腫瘍が発生し、それが無制限に栄養を吸収して増殖するため、身体は急速に消耗する。
内臓内にも繁殖して、機能不全となる。全身に転移していくため、多数の内臓が機能不全となる。 そして、しばしば死を招く。 
この悪性腫瘍の発生のメカニズムは未だに不明だが、次のガンには遺伝性があるとされている。
Brustkrebs(乳ガン)、Eierstockkrebs(子宮ガン)、Darmkrebs(腸ガン) 
予防 − 早期発見が一番大事なので、一年に一度の定期検査を受ける事。 肺ガン(Lungenkrebs)の原因はニコチンなので、喫煙を絶対に避ける事。

Thrombosen(ツロンボーゼ) −血栓症(静脈血栓塞栓症)

家族内にこの病気になる人がいれば、80%がこの病気になりやすい。 下肢や上腕などの静脈に血栓(血のかたまり)が生ずる疾患。 血管を塞いでしまい、血の流れを止めてしまう。 肺動脈が詰まると、肺塞栓症(Lungenembolie)になり、即死する場合がある。
飛行機などで長時間同じ姿勢と取り続けて発症する事が良く知られている(エコノミークラス症候群)。 その他、脱水、感染、長期臨床などがある。 
症状 − 軽症であれば、胸やけや発熱、皮膚色の変色。 最悪の場合は死亡する。 
予防 − 長時間にわたって同じ姿勢を取らない。 長期臨床の場合は医者に相談する。 適量の水を飲む。 血栓症のリスクが高い場合は医者に相談し、予防的に抗凝固療法を行う(Heparinspritzen)。 

      

 

危険な症状、無害な症状

 


1.鼻血
クシャミや鼻をいじって内部をキズつけて、鼻時が出る事はあります。但し、それが頻繁に起こる場合は、高血圧による事もあります。 鼻血が30分以上も続く場合や激しい場合は医者に相談しましょう。

2.喉の渇き
水を1.5リッターも飲んでない? この場合の喉の渇きは極く普通です。しかし、常に喉は渇き、疲れが出る症状は糖入病のおそれもあり、血糖値を計って貰いましょう。   

3.頭痛    
飲み過ぎ、 睡眠不足などでの頭痛は極く普通。 しかし頻繁に頭痛がする、 頭の特定は位置から頭痛がする、めまいがする症状は脳血管障害の恐れがあります。 すぐに医者に相談しましょう。

<追加>
最近のボストン・ハバード大の研究によると、一週間に一度位に定期的に、頻繁に激しい頭痛がするのは、心臓マヒの危険性が大きいとの事。 


4.指が痒い    
腕を組んだりして、解いた時、指が痒くなるのは普通。 血循環が始まったからです。しかし長く続く場合は神経系統障害の恐れもあり、医者に相談しましょう。
      
5.目の下の隈    
疲労、睡眠不足による場合が多く、極く普通。 但し、何時までも取れない場合は、肝臓や腎臓に障害がある事が考えられます。 医者に相談しましょう。

6.脚のむくみ    
飛行機内などで長く座り続けた場合などに良く起こりますが、極く普通。それが頻繁に起こり、朝起きた時もむくんでいる場合は静脈に異常ありで、すぐに医者に相談しましょう。 
      
7.腹痛    
不慣れなものを食べたりした時などの腹痛は普通。 但し下痢も2日以上続き、だるい感じがある時はすぐに医者に相談しましょう。 

8.口臭    
ニンニク、タマネギ、タバコあるいは朝起きた時などの口臭は普通。
但し、それが抜けない場合、歯か歯肉に異常があるか、胃に問題がある可能性があります。 すぐに医者(歯医者)に相談しましょう。 
  

 

脳卒中発作の疑い



症状
1. 突然のめまいがあったり、片目が見え難くなったり、周辺が二重に見えるようなったりした場合。
2. 身体の右側か左側の片方がマヒ、特に片方の腕は脚が動かなくなる。
3. 口元の片方や片方のまぶたが、もう一方より下がってきている。
4. 話す言葉が理解し難くなる。

原因
脳血管障害、特に85%が血脈硬化で血の流れが悪くなるか(脳梗塞)、15%が血管の破裂による脳内出血。 結果は両方とも同じで酸素及び栄養不足になり、脳細胞が死んでいく。 それが言語障害、視力減退、半身不随の原因となる。

誘因
誰にでも起こり得リ得るが、遺伝性も考えられている。
最大のリスクは高血圧。 更に喫煙や糖尿、或いは運動不足や肥満なども脳に悪影響を及ぼす。

対応
一刻も争います。 症状が出てきて、発作の疑いがある場合は、ためらう事なくすぐに救急車を呼び、関係病院に運んで貰う事です。

<追加>
予防
日頃からの予防対策が大事で、肥満であればダイエット、禁煙、定期的な運動、健康な食事。
更に、普段から定期的に血圧を測りメモしておく。 測定器については下記の<危険な高血圧>参照。
適度な血圧は120/80。 140/90以上であれば医者に相談し、更に4−5種の薬を一緒に服用する。

 

危険な高血圧



高血圧は痛みを起こさないが、しかししばしば致命傷になる事がある。
心臓や血管が圧迫されると内臓障害を起こす。 例: 心臓、脳、腎臓、目

症状例 1
10年来、お店で宝石店を営む男性(50才)が毎日10時間座り続け、運動なし、脂肪の多い食事、そしてタバコ。
急に胸が痛み出し、左腕がマヒし出した。更に時々呼吸困難。
救急医の診断は心臓マヒ(Herzinfakt)。
予防:
血圧は1年に2回程の医者で測るのではなく、自宅で朝、昼、晩常に定期的に測り、医者用にメモしておく。
測定値が常に高いようであれば、すぐに医者に相談する。

症状例 2
34才の主婦が朝、娘の朝食用に右手でパンにバターを塗っていた。 突然その右手が動かなくなった。 卒中発作(Schlaganfall)。
卒中発作は、性別、年令を問わず、誰にでも起こり得る。 身体の一部又は片方全体がマヒ、言語障害、
視力減少、めまい、強烈な頭痛がその症状で、すぐに医者に相談する。
卒中発作の1/3の人が死亡、1/3の人が生涯障害が残る、1/3の人が完全健康回復すると云われている。

症状例 3
70才の糖尿病持ちの年金者が結婚記念日に突然気絶した。
緊急医が腎臓障害を確認。 高血圧が原因だった。
現在年金者は12種の薬か又は透析を常に受けていなければならなくなった。
腎臓には多数の細い血管があり、高血圧によって障害受ける。 痛みがないので気付かず、かなり進んでから、
この年金者のように表面化する。
腎臓の健康度は尿に含まれる蛋白質によって測定出来る。 35才以上の人は3年毎、高血圧、糖尿病の人は
毎年の検査が勧められている。 腎臓障害の2/3の人は高血圧か糖尿病の人となっている。
血液検査でも判るので、定期的検査が求められる。

症状例 4
63才の主婦が読書中に左目の視力が極端に減少したのに気が付いた。
高血圧により眼内の小さな血脈が破裂が原因。 2年間の眼内に特効薬を注入などで、再び元どうりに見えるようになった。
高血圧による眼の障害は若い人にも起こり得る。 すぐに医者に相談し、血圧を下げる事が大事。

血圧測定器の例は こちら(Panasonic) 

<追加>
高血圧の人にコーヒーは大丈夫か?
大丈夫。 但し朝食に一杯、午後に一杯が適当。

高血圧の人にセックスは大丈夫か?
避ける必要はない。 但し血圧を下げる薬は性欲をも下げる副作用がある。
バイアグラ使用は血圧を下げ過ぎ、めまいの原因にもなるので、注意。

<追加>
正常な血圧は120/80で、140/90までは大丈夫。 それ以上の場合は高血圧なので注意! 
大きな数字の方は心臓が鼓動した時の血圧、小さい数字は鼓動間の血圧で、差は大体50位。 これより差が大きい場合は注意!

高血圧は痛みなどはっきりした症状が出ないので、分かり難い。
よって、年二回の検診が必要。

高血圧らしき症状は激しい頭痛、鼻血、目まい、集中力不足、呼吸困難。

遺伝性があり、両親が高血圧の場合は、60 - 70%の子供はやはり高血圧。 しかしそうでなくても、特に肥満、糖尿病、喫煙は高血圧の原因になり易い。

高血圧を下げる薬の服用は長期間或いは一生続ける事になる。

予防としては、ファーストフードなど脂肪の多い、塩分の多い食事を避ける。
タバコの喫煙をしない。
コップ一杯以上の飲酒を避ける。

 

高血圧への10の迷信



1. 塩は高血圧に悪い。
そう一般的に云えない。 塩に敏感な人でも大量に摂らなければ、血圧には影響はない。

2. 高血圧は遺伝性。
高血圧の原因の半分だけが遺伝性による。 後の半分は内臓や器官などの病気、あるいは肥満、運動不足、酒の飲み過ぎ、ストレスなどが原因。

3. コーヒーは高血圧にはタブー。
英国のハバード健康スクールの15万人を対象にした研究で、人間の身体は自然にコファインに対する免疫が出来、たとえ毎日4杯コーヒー飲んでも血圧には影響しない事が判明した。

4. チョコレートは害。
事実は反対。 茶色のチョコレートは逆に血圧を下げる効果があるとケルン大学が発見した。
理由はカカオに含まれるポリフェノールが原因。

5. 緊張や恐怖、心配は血圧を上げる。
高血圧は身体上の状態で、感情の状態ではない。 気分の良い時、落ち着いた時でも、高血圧はあり得る。

6. コレスティロールが高ければ、血圧も高い。
両方の連関性はない。 全く別々のリスク要因で、両方の状態は二重のリスク。

7. 高齢の高血圧は無害。
全くの伝説。 必ず医者に相談する事。

8. アルコールは血圧を上げる。
それは定期的に飲み過ぎる場合に限る。 コップ一杯のワインなどの適度のアルコールは逆に血圧を調整し、下げる効果がある。

9. 高血圧の人は活発で、精神的にも積極的。
真実は全く逆。 脳の機能に障害を起こし、ひいては痴呆症にまでなるリスクを増大させる。

10.ティーは血圧を下げる。
全てのお茶に適用するわけではない。 英国での研究によると、緑茶だけが、その成分であるフラボノイドによって血圧に良い影響を与える事が判明した。

 

肝臓を労ろう!



肝臓は身体の健康を維持するために多数の機能、役割があり、非常に大切な内臓である。
主な役割は炭水化物、脂質、たんぱく質などの古いものを新しいものに代える代謝作用、尿などとしての分泌排泄作用、異物の解毒作用、
血液循環調節作用、栄養の貯蓄など多方面に亘る。
主な肝臓の病気は輸血や口からのウィーしルス感染で、肝細胞が破壊される肝炎、更に進んだ肝硬変。 
ウィールスを持ちながら症状に出ない人や逆に死に至るケースもある。 成人病の一つだが、今の所有効な治療法はない。
よって効果的な予防策は、
1. 飲み過ぎを絶対避ける。 暴飲は必ず肝臓を傷める。 
2. 薬の乱用を避ける。 薬そのものが肝臓にとって毒である場合がある。
3. ファーストフードなどの脂っこいものは食べないようにする。
4. 肥満を避ける。
症状としては小便が濁った暗い色になり、大便は明るい色に、微熱や身体にだるさが出る。
医者に相談し、血液検査と肝臓の超音波検査で容態が判る。
但し肝臓には再生能力が強く、禁酒などで4−8週間位で修復する。
身体の健康のために多数の機能で24時間働きっ放しの肝臓を是非労ってあげましょう。

 

皮膚ガンの元凶・紫外線に注意しよう!



ドイツでは年22千人の人が発病し、2千3百人が死亡しています。
ほんの2mm位のシミなので、ほくろと区別し難く、皮膚に母斑(Muttermals)や肝班(Leberflecke)が見つかったら、早期発見が大事なので、
医者にすぐに相談する事。
皮膚ガンは白い肌の人にかかり易く、白人に多い病気ですが、原因は紫外線で人体への悪影響が知られるようになり、日本人にも
注意が呼びかけられています。
紫外線が強くなる春から夏にかけての季節には特に注意。特にお子さんはまだ皮膚が薄いので特に注意が必要。
紫外線はビタミンを作る働きがあるが、必要な日光はほんのわずか。
目にも視力が低下する白内障の原因にもなるので、なるべく日光を避け、外出時は帽子、長袖シャツ、サングラスの着用がお薦めです。

 

白衣の神様? お医者さんだって人間。 いろんなタイプがいます。



ここではよくいる5タイプを挙げます。

1. 超多忙タイプ
慢性的に過労とストレスにあり、イライラ型。

2. 守銭奴タイプ
収入だけが頭にあり、診察もなるべく高額な方法で行う。
常にプライベート保険を患者に推薦し、全て自分の判断で決め、患者の容態をあまり聞こうとせず、
高い薬を勧めたりする。

3. 患者思いタイプ
患者に対して聞き耳を持つタイプ。 診察法もハイテクから別の方法も示し、患者と相談しながら決める。 家族、親戚の健康状態を詳しく聞いたり、
大袈裟なところもある。 金銭的な事はタブー。

4. フレッシュマンタイプ
大学病院卒業したばかりの概念的な専門知識の詰まった、バリバリの青二才。 ハイテク診察器具が得意で、患者よりこちらを信用するタイプ。

5. 傲慢タイプ
威厳的な命令調で患者と話し、それに従う事を求め、全て自分で決め、あまり人の云う事に関心ない。
自信のない事は絶対に表わさず、わざと読めない文字で薬の処方箋を書き、薬局に選択させる。 
昔学んだ古い知識で患者にあたる事もあるタイプ。

 

良い医者の見分け方



医者のアポイントを取る時に、入っている医療保険会社を聞かれる場合
この場合はプライベート保険を優先したい医者で、信用度は低くなる。
治療が第一の筈で、保険会社または経済的な利益は二の次であるべき。
プライベート保険しか受け付けない医者は避けるべき。
医者の使命を取り違えている。

待合室(Wartezimmer)での待ち時間は30分以内
それ以上待たされる場合は、組織の運営がうまくいっていない証拠。

待合室(Wartezimmer)は清潔で整頓されている印象があるか。
衛生的に清潔である事は大変重要。

待合室(Wartezimmer)の広さは充分か。
狭いと他の患者より感染の恐れあり。

待合室(Wartezimmer)には宣伝のポスターなどが貼っていないか。
医者はセールスマンであるべきではない。治療に専念すべき。

医者は診断に患者との会話を充分に取るか。
患者の質問、心配、不安などに親身になって相談相手になるべき。

医者は専門用語ではなく、分かり易く説明してくれるか。
診察結果、今後の治療、薬の服用など、そしてリスク、副作用などもやさしく説明すべき。
理解出来ない場合は遠慮なく質問する。

医者は薬の服用に患者の様子を常に質問してくる。
薬の効用は人夫々に違ってくるので、常に状態を把握すべき。

医者は場合により、他の医者、より専門医者などを紹介(Ueberweisung)してくれるか。
専門的により深く診察してくれる。

 

病院での手術の失敗で17.000人死亡、治療医の不衛生な手で伝染病!

ドイツ医療界のスキャンダル! 手術のミスで年間17000人が死亡!

扁桃腺の手術の失敗で自分の血液で窒息死、脳内に腫瘍があるとの誤診断で、健康な脳の一部を取り除き痴呆症、盲腸炎の手術で誤って腹の動脈を切断し
片足が不随、足のふくらはぎの手術後の殺菌を怠り足の異常変形、これらはほんの一部の例で、年間1千4百万回の手術で4万回が失敗、
その内17000人が死亡している。 これは交通事故死亡者の3倍以上の数。
理由としては現代手術の複雑性と時間との戦い。 手術する担当の医者は大抵ストレスが溜まっており、時間にも追われている。
しかし人間のする事にはミスがある。 これを公に認めて、失敗から学んでいく事が必要との事で、最近17人の医者が共同で自分達の失敗の経験を公表した。
正常な膝の方を手術してしまった医者、ハサミを腹内に忘れてしまった人、ガンの症状を見抜けなかった医者などなど。
これはその失敗の責任を追及するのではなく、それ公表し議論して、弱点や安全性の欠陥見つけて改善していく事が目的。
患者自身はどう守っていくか? 診察の結果を良く理解するようにする。 不明な事は聞いていく。 患者同士で意見や経験を交換する事など。

<追加>
Wegberg市の病院の院長が、数多くの手術の失敗、不必要な内臓まで取り除いてしまったり、麻酔を充分かけずに手術したり、不必要に高い薬品を使用したり、
69件もの不正な手術を行っていた事が、新聞で報道された。 この病院での死亡率が異常に多い事から、警察の捜査が入り、判明した。

<追加>
健康になる積もりで病院で診察を受けたら、逆に生命の危険にさらされてしまった。
これはドイツ病院の衛生が悪く、危険な病原菌による伝染が原因で、特に死に至る危険があるのは血液内に病原菌が侵入してしまう病気(Sepsis - 敗血症)。
年に50万人の患者が病院内で伝染されているとの調査報告が出ている。 その中には単なる炎症で済んでいるものも多い。
  病気を誘発する細菌は何処にでもあり、完全に伝染を防ぐ事は出来ないが、50%は防ぐ事が出来た筈との事、それも全く簡単な方法で。
原因の多くは、驚くべき事に治療に当る医者の手にあった。 つまり消毒である。
Sepsis - 敗血症の70%は病院にて発病し、60万人がその原因で死亡との驚くべき事実が明らかになっている。
これは腸、肺、乳ガンによる死亡より多くなっているとの事。
患者は治療医師にこの調査結果を述べ、手を充分に消毒されているかどうか、聴く権利がある。

 

楽天的な思考への5つの歩み

ドイツ精神科医よりのコツ

1. <弱さ>だけしかない人間はいない。 意識して自分の<強さ>も見つめる。 「それがあったからこそ、今まで生きて来れたんだ」 と。

2. 失敗してくよくよしても始まらない。 「やっても自分には出来ない」 とか 「全ては無駄な事」 と考えてしまうより、他の可能性に集中してみよう。 「今回は失敗したが、それはそれで勉強になった。 よし、もう一度やってみよう」 と。

3. 悲観的な、否定的な思考は、人の感覚や行動に重大な影響を及ぼす。 だからそれをすぐに止め、建設的な思考に変える。 悲観的、否定的になった場合は、すぐに 「そんな事でいいのか? そんな事で新しいエネルギーと力を与えてくれる訳でもないだろう?」 と自問してみる。

4. 嫌な状況にも積極的に考える事は、大きな成果になる事がよくある。 例えば、他に誰も知っている人のいない誕生会とかお祭りに招待されても、嫌だなと思うのは、そこですでに負け犬。 むしろ積極的に参加し、「他の人と知り合い、友達になろう」 と思う事、 「失敗しても別にいいではないか! やってみなければ、何も得られない。」 と。

5. どんな問題にも必ず希望はある。 否定的に見えても、何かそこには他に固定的なものもある。
例えば、自分の希望のものが得られなかった場合、「いや、 別にいいものが他にある」 と思う事。


 

Zecke (野生ダニ)


特に南ドイツの森林や草むらに春から秋にかけて生殖する1−2ミリほどの吸血性のダニ。
草むらを好むので、家の庭にも生殖する事もあるので注意。
年により、又は気候の変化で急繁殖する事もある。 通常は無害ですが、皮膚などに刺されたら、脳炎などの病気に感染する恐れもあるので、
ピンセットなどでなるべく速やかに抜く。 その際、良く云われる回転させながら抜き取る事は,頭が千切れて皮膚に残る危険があるので、絶対に避ける事。
皮膚上でつぶしてもいけない、ばい菌が皮膚に残るかも知れないから。 不安の場合は皮膚科の医者か病院に診て貰う事。
所謂ダニ脳炎に感染したら、1−2週間の潜伏期間後、夏風邪のような症状、その後頭痛、意識障害、マヒなどの障害が出て来る。
死亡率は1−2%で危険な病気。
予防は庭の手入れや草むらを散歩する際には長袖と長ズボンを着る事。

 

 

ワインは生命の強壮剤? 長生きの源泉?


オランダの専門家が40年に渡って約1400人を偶然に選んで調査したところ、白でも赤でもワインを毎日適量に(グラス半分程度)飲んだ人の寿命が例外なく、酒を飲まない人やビールやシュナップスを飲んだ人より、一番長い事が証明された。 ビールやシュナップスを飲んだ人よりも2年半長く、
飲まない人よりは5年以上(!)も長生きした。
特に心不全や脳梗塞のリスクを減らし、悪玉コレストロールをも減らし、更にガンにも予防効果がある。
ワインは薬局でも売るべきだとの声も・・・・。



 

コーヒーの飲み過ぎは健康に良いか、悪いか?




ドイツ人の大好きな飲み物。
コーヒーの飲み過ぎは健康に悪いと長らく云われて来た。
しかし最近の研究や長年の実験で、それが間違いでコーヒーは健康に非常に良い事が分かってきた。

1. フィンランドの研究者による20年に及ぶ研究で、コーヒーは痴呆症やアルツハイマーになる危険を少なくする事が判明した。 それが60%も! 理想は一日3 – 5杯との事。

2. アーヘンの研究所ではコーヒーに含まれるコファイン(Kofein)が肝臓に良い作用する事が判明した。 日本公共健康センターでの19.000人に及ぶ実験で、毎日2杯のコーヒーで肝臓ガンの発生を著しく減少させた事が実験結果として出てきた。

3. コファイン(Kofein)は脳にコレステロールを減らす役割がある。

4. シンガポール・中国健康研究では一日4杯のコーヒーで糖尿病(Diabetes)の発病を30%も減らす実験結果が出た。

5. コーヒーと心臓、血液循環との関係はまだ明らかになっていないが、確かな事はコーヒーは心臓筋を強くする。 コーヒーが血圧を高める事は確認されていないが、コーヒーを普段飲まない人に一時的に血圧を上げる事は確認されている。

6. コファイン(Kofein)は脳の働きをより活性化する作用がある。

7. コファイン(Kofein)はドパミン(Dopamin)やセロトニン(Serotonin)など脳に楽観感覚を生み出す成分を分泌する作用がある。

8. ドパミン(Dopamin)不足はパーキンソン病の原因になる。 フィンランドと米国の研究では定期的に3杯以上コーヒーを飲む人にはパーキンソン発病を50%も下げる事が判明した。

9. 腸内の消化を助ける。

10 胆石(Gallenstein)の予防になる。



◎コーヒーの種類





◎コーヒーの豆の種類と特徴



 

ドイツ5大国民病


1.糖尿病(Diabetes )
約8百万人の患者。
○症状
突然の激しいのどの渇き(水をがぶがぶ飲むようになる)。 だるさ。
○原因
運動不足。 カロリーの多過ぎる食事。
○リスク
心不全や脳溢血を誘発。
○治療
今までの薬は副作用が多かったが、最近良薬が出てきた。 “Januvia”と”Byetta”

2.心臓衰弱(Herzschwaeche)
病気全体の5%。
○症状
血液の循環が悪いので、呼吸困難、疲労。 血液からの水分漏れによるむくみ、腫れ(特に足、手など)。
死に至る事もある。
○治療
最近出た新薬での治療。

3.高血圧(Bluthochdruck)
約4百万人の患者。 40才からは5人に一人。
○症状
心臓、脳や腎臓に悪影響。 心臓麻痺や脳溢血の原因。
痛みは全くない。 頭痛と疲労。
○治療
現代の薬は良薬が多く、薬で調整出来る。
正常な血圧(140/90)は痴呆症(Demenz)の予防になり、健全な血液循環は脳や精神を健全に保つ。

4.喘息(Asthma)
約4百万人の患者。 約5百万人が気管支炎(Bronchitis)の患者。
○症状
慢性的な呼吸困難。
○治療
禁煙。 現在新薬開発中。 一日一度で24時間効果のスプレーあり。

5.リウマチ(Rheuma)
約80万人の患者。
○症状
手足の関節の腫れや痛み。
○治療
新しい血液検査法でリウマチを診断出来る。 費用は医療保険で支払われる。
鎮痛剤服用。 最近では激しい痛みの場合、新薬 “Tocilizumab”を服用。

 

病人患者の将来の治療法意思表示に関する法令(Patientenverfuegung)


病人が将来自分の病気の治療法について、高齢化あるいは痴呆症などで、本人に意思表示が出来ない場合がある。 この場合の医師の対応法を明確にする
法令が2009年6月18日に連邦議会で制定され、2009年9月1日より実施される事になった。
これは特に将来患者が自分の希望や意思に反し、医者の勝手な判断のみで治療、介護されるのを防ぐ事が目的で、自分が将来受けたい治療や介護方法を、
自分の意思が表明出来る内に前もって、書式で書き留めておき、医師はその時の場合になったら、それを尊重し厳格に守らねばならないという法令。
後に将来重病になった場合に特に透析(Dialyse)、人工呼吸(Beatmung)、人工栄養供給(kuenstliche Ernaehrung)などに於いて、治療や介護方法を、
自分の意思が表明出来る内に前もって、書式で書き留めておく事が出来る。


1 5 6 11 12
<ドイツ生活情報>
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、
豊かな自然と文化が融合した環境の中で、
ゆったりとした生活を楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?
そしてドイツ人気質とは?
ドイツに在住の日本人によるドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを簡潔に掲載し、
ドイツで生活する上で参考にしていただきたい情報が満載です。
ドイツでの生活について、
電車の乗り方や車の運転の仕方、
住宅の探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、
子供の幼稚園問題、文化、お金の話、人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、
多岐にわたりわかりやすく具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった個々の素材まで、
日本との違いやその良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方やドイツの学校で留学する方、研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、ドイツの暮らしに興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが書かれているので「へぇ〜」っと思うことがたくさんあるのでは?
ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、豊かな自然と文化が融合した
環境の中で、
ゆったりとした生活を楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?そして
ドイツ人気質とは?
ドイツに在住の日本人による
ドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを
簡潔に掲載し、ドイツで生活する上で
参考にしていただきたい情報が満載です。
ドイツでの生活について、電車の乗り方や
車の運転の仕方、住宅の探し方、ドイツでの食事事情
(食材についても細かく)、子供の幼稚園問題、
文化、お金の話、人間関係の話、
ドイツに暮らす日本人の生活など、多岐にわたり
わかりやすく具体的に書いてあります。
例えば
洗濯機や浄水器といった細かな生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった
個々の素材まで、
日本との違いやその良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方や
ドイツの学校で留学する方、
研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方
(もしくは国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)は
ぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる
予定のない方でも、ドイツの暮らしに興味がある方は
とても面白く読むことができると思います。
細かなところまで
具体的な違いが書かれているので
「へぇ〜」っと思うことがたくさんあるのでは?ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、豊かな自然と
文化が融合した環境の中で、ゆったりとした
生活を楽しんでいる。
その基盤となる
ドイツ社会とは?そしてドイツ人気質とは?
ドイツに在住の
日本人によるドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを
簡潔に掲載し、ドイツで生活する
上で参考にしていただきたい
情報が満載です。
ドイツでの生活について、
電車の乗り方や
車の運転の仕方、住宅の探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、
子供の幼稚園問題、文化、お金の話、
人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、多岐にわたりわかりやすく具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな
生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった個々の
素材まで、日本との違いやその
良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方やドイツの学校で
留学する方、研究に訪れた方や、ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは
国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、
ドイツの暮らしに
興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが
書かれているので「へぇ〜」っと思うことが
たくさんあるのでは?
ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、
ドイツ。
特に裕福でもない人々が、
豊かな自然と
文化が融合した環境の中で、
ゆったりとした生活を
楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?そして
ドイツ人気質とは?ドイツに在住の日本人による
ドイツの暮らし方の
紹介です。
ドイツのライフスタイルを簡潔に掲載し、
ドイツで生活する上で参考にしていただきたい
情報が満載です。
ドイツでの生活について、電車の乗り方や車の運転の仕方、住宅の
探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、子供の
幼稚園問題、文化、
お金の話、
人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、
多岐にわたりわかりやすく
具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな
生活用品、食材ではトマトやキャベツといった個々の
素材まで、日本との違いやその良し悪しを
率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方や
ドイツの学校で留学する方、研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは国際結婚されて
ドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、ドイツの暮らしに
興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが
書かれているので「へぇ〜」っと思うことが
たくさんあるのでは?ドイツを知るお勧めのホームページです。ドイツの生活情報と掲示板1:ドイツでの趣味に関する掲示板 趣味 − スポーツ − 同好会や親睦会や仲間募集の場、同好会のリストはこちら
ドイツの生活情報と掲示板2:ドイツでの女性に関する掲示板1 恋愛や結婚や家庭 − 料理 − 美容や健康や病気 − 育児や教育など意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板3:ドイツでの女性に関する掲示板2 流行 − うわさ − 街の話題など何でも話し合う和気藹々の井戸端会議
ドイツの生活情報と掲示板4:ドイツでの事件に関する掲示板 生活や職業や組織上のトラブル − 苦情や不平 − 犯罪や盗難や事件など意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板5:ドイツでの討論に関する掲示板 ドイツという国やドイツ人やドイツの風習や日本や日本人との比較などの意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板6:ドイツでの情報に関する掲示板 街や催物やショッピングやお店などの情報 − 耳寄りな話や面白い話や役立つ話
ドイツの生活情報と掲示板7:ドイツでの生活に関する掲示板 その他生活一般やIT関連など
ドイツの生活情報と掲示板8:ドイツでの取引に関する掲示板 住居(貸します) − 売買(売ります) − 求人 − 新事業や新製品紹介 − その他取引関連
ドイツの生活情報と掲示板9:ドイツでの<告知板や質問箱> EbiharaGermanNetの掲示板です。ご自由にどうぞ。