2007年2月から
アクセス数 : 1207143
Seit 02.2007
       
Share (facebook)

ドイツ生活メモ <ドイツという国>

 

ドイツの城・街道・川 (Deutsches Schloss、Strasse、Fluss)



ドイツの城 (Schloss)

ドイツの城(Schloss, Burg, Festung = 意味はほぼ同じで、侵入者に対する防衛拠点と同時に王侯の住い)は全国に大小合わせて約800ほどもある。
ここで紹介するのは、交通費と時間をかけて、わざわざ見に行く価値のあるものを選択しました。

1.Schloss Wartburg
  旧東ドイツThüringen州Eisenah市の傍にある
山上の1012年の中世の崇高なロマンティックな城。
1999年に「世界遺産」に登録された。
Schlossberg 2
99817 Eisenah
Tel. 03691-7970
案内 8:30 – 17:00
11月 - 2月 09:00 – 15:30
   
     
2.Neuschwanstein
  バイエルンの王Ludwig2世がロマンティックな城として1869年に建設開始、1886年に亡くなった時はまだ完成していなかった。
その頃はプロイセン王国(Bismark)との戦争に負け、影響力は衰退していた。
山と湖に囲まれた美しい城。この頃の城は戦略的な意味は失われていた。
Neuschwanstein Str. 20
87645 Schwangau
Tel. 08362-93988-0
4月 – 9月 09:00 – 18:00
10月- 3月 10:00 – 16:00
   
     
3.Marksburg
  ライン地方のBraubach市に建つ城。中世より破壊されずそのまま残っている唯一の城案内係によって見学可
Marktburg
56338 Braubach
Tel. 02627-206
   
     
4.Schloss Linderhof
  1874年-1878年にMax2世の息子Ludwig2世によって建てられ、その後拡張してきた。
写真1520 彼が建てた3つの城の内、一番小さく、彼の生存中に完成した唯一の城で、彼が一番愛した城で、8年も住んだ。
この頃は彼の政治的影響力は全くなかった。豪華な内部は一見に値する。
Linderhof 12
82488 Ettal
Tel. 08822-9203-0
    
 
     
5. Schweriner Schloss
  街の中に湖に囲まれた宮廷
16-17世紀のルネッサンス様式中には博物館があり、当時のマイセンなどの陶磁器や絵画が見られる。
Schlossmuseum
Lenne Str. 1
19053 Schwerin
Tel. 0382-5252920
火 ― 日 10:00 – 18:00
15. 10 – 14. 04 10:00 – 17:00
   
     
6.Schloss Favorite
  Ludwig Wilhelm I 公爵(1655-1707)の死後、未亡人Augusta Sibylla(1675-1733)が慰みのために建てたバロック調の城
内部には1500点の装飾品などが飾られている。鏡の間には313個の鏡が飾られている。
Am Schloss Favorite 5
76437 Rastatt-Förch
Tel. 07222-41207
16. 03 – 30. 09 10:00 – 18:00
01. 10 – 15. 11 10:00 – 17:00

    
     
7. Schloss Augustsburg in Brühl
  1725年に選帝侯Clemens Augustによって建てられたケルンから約15km離れたバロック調の18世紀の城。
ベルサイユ宮殿の見本ともなった美しい庭園。 中には憩いと鷹狩りの小さな城と中に壁が作られている木がある。すばらしいロココ建築の見本として1984年に「世界遺産」に登録された
家族でのハイキングに最適
Schloss Str. 6
50321 Brühl
Tel. 02232-44000
火 ― 金 09:30 – 12:30 14:30 – 17:00
土 日 祭 10:00 – 18:00
12月と1月は休み
無料
    
 
     

ドイツ街道 (Strasse)

ドイツには所謂街道(Strasse)と呼ばれる観光用の街道が80以上ありますが、ここに紹介するには、交通費と時間をかけても体験する価値のあるものを選択しました。

1.Alpenstrasse ― アルペン街道
  白と青のアルプスの山々、21の湖、64の静養地、
25の城など雄大で、おとぎの国のような自然のパノラマ
を楽しめるドイツ南端の街道。 2002年に75年祭があり、
ドイツで一番古い観光街道。
BodenseeとKönigsseeを結ぶ450キロ
出発点: Lindau am Bodensee
終点:  Berchtesgaden
問い合わせ: 089-8292180
   
     
2.Burgenstrasse – 古城街道
  古城と大学の街ハイデルベルグ、ネッカー渓谷を経て、チェコのプラハまでの1000キロにわたる街道
2004年に50年祭が開催された。
ロマンティックな、おとぎの国のようなお城が80ほどもあり、城から城への旅。
出発点: Mannheim
終点:  Prag (ここまで行く必要はない)
問い合わせ: 07131-56-4028
 
     
3.Fantastische Strasse – ファンタスティック街道
  大学と城の街ハイデルベルグより黒い森(Schwarzwald)の温泉地。
Baden-Badenか、Stuttgartを通って、ボーデン湖畔までの400キロの街道。
出発点: Heidelberg
終点: Konstanz、Bodensee
問い合わせ: 0711-23858-0

    Bodensee
ご家族で数日楽しめる湖。
ドイツ、オートトリア、スイスの三国に囲まれた美しい湖。
釣り、ヨット、ボート、サーフィン、水泳、テニス・ゴルフ、イベント、各種遊園地、馬車、散歩、空気船、ヘリコプターなど楽しめる。
問い合わせ: 0721-151425755
  (Baden-Baden)(Bodensee)
     
4.Märchenstrasse – メルヘン街道
  童話作家グリム兄弟の街道。
60の都市や町、村を通る童話の世界を辿る旅。
ハナウからブレーメンまでの約600キロ。
芸術と歴史を辿り、城、博物館、ギャラリーなども点在する。
出発点: Hanau 又は Bremen
終点:  その逆
問い合わせ: 0561-92047910
 
     
5.Romantische Strasse – ロマンティック街道
  ブルツブルグからアルプスの麗に到るドイツで最も有名な366キロの 観光街道。
ドイツで一番知られている、愛されている街道。
歴史的に重要で、しかも自然の景観がすばらしい都市を通過していきます。
Würzburg



Rothenburg ob der Tauber
Ansbachの都市圏、1803年まで自由都市だった。中世の建物が残っているAltstadtは世界の観光地。

Augsburg
1521年に住民用に作られた世界で一番古い分譲地Fuggereiがある。


Landsberg am Lech





出発点: Würzburg
終点:  Füssen
問い合わせ: 09851-551387
  (宮廷)(要塞)(市庁と教会)
(Altstadt)
(市庁)(Fuggerei)
(教会)
     


ドイツの川 (Fluss)

 
ドイツ名 日本語 全長 KM ドイツ内の全長 始点 終点 流れる州
Donau ドナウ 2.888 647 Schwalzwald(ドイツ) Schwarze See(ルーマニア) BW, BY
Rhein ライン 1.320 865 Alpen(スイス) Nordsee(オランダ) BY,BW,RP,HE,NW
Elbe エルベ 1.091 727 Riesengebirge(チェコ) Nordsee(ドイツ・オランダ) SN,BR,ST,NI,MV,SH,HH
Oder オーダー 866 187 Sudeten(チェコ) Ostsee(ポーランド) BR
Weser ヴェーザー 744 744 Thüringer Wald(ドイツ) Nordsee(ドイツ) TH,HE,NI,NW,HB
Mosel モーゼル 545 242 Vogesen(フランス) Rhein(Koblenz)(ドイツ) SL, RP
Main マイン 524 524 Fichtelgebirge(ドイツ) Rhein(Mainz)(ドイツ) BY, HE
Inn イン 517 218 Alpen(スイス) Donau(ドイツ) BY
Weser ヴェーザー 452 452 Hann, Münden(ドイツ) Nordsee(ドイツ) NI, HE, NW, HB
Saale ザーレ 413 413 Fichtelgebirge(ドイツ) Elbe(Barby)(ドイツ) BY, TH, ST
Neckar ネッカー 367 367 Schwarzwald(ドイツ) Rhein(Mannheim)(ドイツ) BW, HE
Altmühl アルトミュール 220 220 Rothenburg(ドイツ) Donau(Kelheim)(ドイツ) BY
Ruhr ルーア 221 221 Ruhrkopf(ドイツ) Rhein(Duisburg)(ドイツ) NW


 

ライン川は1320kmではなく、実際は90kmも短い1230km!
ケルン大学の地理学者達の再調査で、最近ライン川が今まで公表されてきた1320kmではなく、実際は90kmも短い1230kmである事が分かった。
つまり数字の2と3がひっくり返って今まで表記されてきた。

 
ホャフセ 正式名 州都
BW Baden-Wüttemberg Stuttgart
BY Bayern München
BE Berlin Berlin
BR Brandenburg Potzdam
HB Bremen Bremen
HH Hamburg Hamburg
HE Hessen Wiesbaden
MV Mecklenburg-Vorpommem Schwerin
NI Nidersachsen Hannover
NW Nordrhein-Westfalen Düsseldorf
RP Rheinland-Pfalz Mainz
SL Saarland Saarbrücken
SN Sachsen Dresden
ST Sachsen-Anhalt Magdeburg
SH Schleswig-Holstein Kiel
TH Thüringen Erfurt



 

ドイツの世界遺産 (登録年)



1. Aachen – Dom (アーヘン大聖堂)(1978年)
  1978年にUNESCOが最初に登録した 12の世界遺産の一つ。 よって、ドイツのみならず、ヨーロッパ最初の 世界遺産の一つ。 西暦800年頃にドイツ-ローマ皇帝、 カール大帝によって建てられた。  カール大帝は死後、ここに葬られた。 その後600年に渡り(936−1531)、30人の 皇帝達の戴冠式が行われた。 カロリンガー王朝時代の歴史上貴重な宝物も 納められている。
Klosterplatz 2
52062 Aachen
Tel. 0241-47709-0
 
     
2. Bamberg (バンベルグ旧市街)(1993年)
  千年以上の歴史を誇り、中世の数々の建物がそのまま 中部ヨーロッパに残されている事から1993年に世界遺産 として登録された。 1004年に神聖ローマ皇帝Heinrich IIがBambergを司祭と皇帝の 居住地と定め、その後リトルヴェネチュア(Venedig) と発展した。 小高い丘に立つ大聖堂など1000以上の建物が記念物として 保護されている。
Info: Tel. 0951-87-0 Stadtverwaltung
 
     
3. Berlin – Museuminsel (ベルリン博物館島)(1999年)
  ベルリンのシュプレー川の中州に5つの博物館・美術館の集まる ところから「博物館島」と呼ばれる。 1. Altes Museum (旧 博物館) − 5館のなかで最も古く 1830年に建てられた。ギリシャ・ローマの芸術品を展示
2. Neues Museum (新博物館) − エジプト美術。 先史時代の遺物を陳列
3. Alte National Gallerie (国立絵画館) − 19世紀の
彫刻や絵画のコレクション
4. Bode Museum (ボーデ博物館) − 彫刻美術と
ビザンチン美術
5. Pergamon Museum (ペルガモン博物館) − 5館のなかで最も新しく1930年に建てられた。
古代ローマ・古代オリエント美術が中心。 小アジアの古代都市ペルガモンからの遺跡も展示。
Info: Tel. 030-266-0
 
     
4. Bremen – Markt (ブレーメン市の中心地のマルクト広場)(2004年)
  1358年以来ハンザ同盟都市ブレーメン市の中心地のマルクト広場、 市庁舎、5.5メートルのローランド巨像(中世文学に登場する英雄)が 世界遺産に登録されている。
Info: Tel. 0421-361-0
 
     
5.  Brühl – Schloss Augustsburg  (ブリュールのアウグストブルグ城)(1984年)
  1725年にケルン大司教でもあった選帝侯Clemens Augustに よって建てられたケルンから約15km離れたバロック調の 18世紀の城。  ロココ様式の傑作で、ベルサイユ宮殿の見本ともなった 美しい庭園がある。 中には憩いと鷹狩りの小さな 城と中に壁が作られている木がある。 すばらしいロココ建築の見本として1984年 に「世界遺産に登録された。家族でのハイキングに最適
(別ページ、生活メモ<ドイツの城>も参照)
Schloss Str. 6
50321 Brühl
Tel. 02232-44000
 
     
6. Dessau – Bauhaus (デッサウのバウハウスとその関連遺産軍)(1996年)
  当時の著名な芸術家と建築家が集まり、芸術と技術の統合目指して バウハウス学校が1919年にワイマールに建設され、1924年に デッサウに移転した。 それから近代建築運動に重要な影響を及ぼした。 スタッフは共産系の人々が多かったため、1993年にナチの命令で 閉鎖された。
Info: Tel. 0349-6508-0
 
     
7. Dessau – Woerlitz (デッサウ・ヴェルリッツの庭園)(2000年)
  ドイツ及び大陸ヨーロッパでの最初にして最大級の英国式庭園。 エルベ川の支流沿いで水に恵まれた地域。 起源は17世紀、地元の王子がオランダの王女と結婚し、 その時オランダから庭園の技術者や建築家を連れて来た。  その後オランダの影響が長く残った。 18世紀に英国びいきの選帝侯が英国式庭園を造園した時も オランダの面影は残った。
Info: Tel. 0349-6508-0
 
     
8. Dresden – Elbe (ドレスデンのエルベ渓谷)(2004年)
  旧東ドイツの都市ドレスデン市内を貫くエルベ川の20キロに及ぶ渓谷。 自然と都市建設の調和が美しい。 中部ヨーロッパに於ける優れた文化的景観を今も変わらずに形成している事で 世界遺産に登録された。
名所:
PilnitzとLoschwitz (城と歴史ある村落)
Blue Wonder (橋)
Bruehls Terasse (ブリュールのテラス)
Katholische Hofkirche (カトリック旧宮廷教会
更に
Standseilbahn (ケーブルカー)
Schwebebahn (モノレール)
などの19世紀来の技術関連施設
Info: Tel. 0351-2613-260

 
     
9. Eisenach – Wartburg (ヴァルトブルグ城)(1999年)
  チューリンゲン州のゲーテ街道沿いにあるアイゼナハ郊外の 山上に位置する千年の歴史を誇るヴァルトブルグ城。 ドイツで最も 有名かつ当時の姿を残した城の一つ。 1067年地方伯が山頂を見て、「待て(wart)汝が我が城(burg)となれ」と叫んで 建設させた。 中世伝説の「歌合戦」、広間で盛んに行われた合戦の舞台にもなった。 城に中に入ると、900年の歴史を感じ取ることが出来る。 また、宗教改革者マルティン・ルターが隠れ住んだ場所で、ルターが悪魔に インク瓶を投げつけて、出来たという伝説のシミが残存している。
(別ページ、生活メモ<ドイツの城>も参照)
Wartburg-Stiftung
Auf der Wartburg 1
99817 Eisenach
Tel. 03691-2500

 
     
10.Eisleben (アイスレーベン / ルター記念建造物群)(1996年)
  宗教改革者マルティン・ルターに係わる歴史上の建造物。  アイスレーベンとヴッテンブルグにある。 アイスレーベンはルタ−の生誕地でもあり、生まれた家で没した。 今は博物館として残っている。
(Wittenbergも参照)
Info: Tel. 03475-602124
 
     
11.Essen – Zollferein(エッセン・ツオルフェライン炭鉱業遺産群)(2001年)
  エッセン市にある19世紀から1993年6月30日まで続いた ヨーロッパ最大の炭鉱所跡。 ヨーロッパ重工業発展の代表例だった。 世界最大かつ最新の石炭運搬機を備えていた。 第12採掘坑は建設上、技術上の傑作。
 
     
12.Goslar - Bergwerk Rammelsberg und Altstadt
  (ランメルスベルグ鉱山とゴスラーの旧市街地)(1992年) 1000年以上に渡って銀、銅、鉛が採掘され、1980年代に 枯渇し閉鎖された。 ゴスラーはその鉱山の麓で、鉱山の街として 栄え、中世の旧市街地と共に1992年に世界遺産に登録された。 現在はドイツで最も偉大は博物館となっている。
Info: Tel. 05321-78060
 
     
13.Hildesheim – Dom/St. Michael
  (ヒルデスハイムの聖マリア聖堂と聖ミカエル教会)(1985年) 1001年のロマネスク調の聖ミヒャエリス教会と815年の大聖堂。 神聖ローマ帝国時代の宗教芸術を代表するもの。 大聖堂内部に豊富な工芸品、宝飾品などが収集展示されている。 キリストの円柱と巨大なブロンズ製の扉は必見。 横には今でも樹齢1000年のバラの木があり、ヒルデスハイムの象徴。 1985年に世界遺産に登録された。
問い合わせ:
Tourist Information Hildesheim
Rathaus Str. 20
31134 Hildesheim
Tel. 05121-1798-0
 
     
14.Köln – Dom (ケルン大聖堂)(1996年)
  現在の大聖堂は3代目で、初代は4世紀に完成。 2代目は818年に 完成したが火災で焼失、1248年に建設が始まったが、16世紀に 財政難で中止、1842年に再開、合計600年を経て1880年に完成。  当時では世界一の高さ(157m)を誇った。 第二次大戦でケルン市は破壊されたが、大聖堂は内部がかなり破壊 されたが、建物は残った。
1956年まで復旧工事が行われた。
Info: Tel. 0221-17940-555
 
     
15. Limes (ローマ帝国の国境線・遺跡のリーメス)(1987年、2005年)
  英国北部にある世界遺産ローマ帝国時代の遺跡 Hadrians Wall (ハドリアヌスの長城)の延長として、ドイツのリーメスが 含まれて登録された。 1世紀後半に英国領土を支配したローマ帝国が北方のケルト人の侵入に 悩まされて、それまでの領土拡張政策を断念した象徴的な建造物。 ドイツではゲルマン民族の侵攻を防ぐため建築、北はKoblenzから 南はRegensburg辺りまで550キロに及び、万里の長城に次ぐ長さを誇る。  今は部分的にしか残っていない。
Info: Tel. 06175-937434
 
     
16.Lorsch – Kloster (ロルシュの大修道院) (1991年)
  小さな村Lorschに9世紀のカロリンガー王朝時代からそのまま残された 当時では最大の修道院。 Ludwig三世が父Ludwigをここに葬り、その後、 彼自身、彼の息子Hugoもここに葬られた。 中世の修道僧の修道院での生活がイメージ出来る場所。
Info: Tel. 06251-51446
 
     
17.Lübeck (リューベックの旧市街)(1987年)
  1143年にバルト海に面するハンザ同盟の盟主として 君臨した「ハンザの女王」。 バルト海の最初のヨーロッパの都市。 中世からそのまま残っている旧市街地(Altstadt)全体が 1987年に世界遺産として登録された。 バロック様式の美しい建物が多く見られる。 1464年 – 1478年に作られたホルステン門は中世後期の 市の門として最も有名。
Info: Tel. 01805-882233 Tourist Center
 
     
18.Maulbronn – Kloster (マウルブロン修道院)(1993年)
  12世紀、中世以降そのまま完全に残っている修道院(Kloster)で、そのため 1993年に世界遺産に登録された。 ロマネスクとゴシック様式の建築芸術の代表。
Info: Tel. 07043-103-0 Stadtverwaltung
 
     
19.Messel Pit (メッセル化石採掘地)(1995年)
  世界で最も大きな化石採掘場の一つ。 4万年以上の哺乳類の化石、 4700万年前の生物の進化と生活、8種の魚類、31種の爬虫類、5種 の両生類、50以上の鳥、昆虫類が見つかっている。 ガイドツアーあり。
Info: Tel. 06159-717535
 
     
20.Muskauer – Park (ムスカウ公園)(2004年)
  ドイツとポーランドの間を流れるナイセ川にまたがる英国式公園。  830ヘクタ−ルの広さ。 1815年にこの土地のムスカウ公爵が当時英国で流行の 風景画のように作る庭園の手法に基づいて造園した。  自然にマッチするように建物・改築も行った。 世界で最も美しい庭園の一つ。
Info: Tel. 035771-520-10
 
     
21.Potsdam / Berlin – Schlösser und Parks
  (ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群)(1990年) ポツダムとベルリンに残されているプロイセン王国時代の 宮殿群と庭園群で、主なものは1745年-1747年フリードリッヒ 大王によりの建てられた夏の離宮サンスーシ宮殿と庭園は プロイセンのベルサイユと云われる。  更に1945年日本の戦後処理のポツダム条約が作られたツエツイーリンエンホフ 宮殿もここにある。 1990年に世界遺産に登録され、1992年、1999年に追加されていった。
Info: Tel. 0221-9694-0
 
     
22.Quedinburg – Altstadt (クェディンブルグ旧市街)(1994年)
  ロマネスク街道にあるクェトリンブルグは中世都市としての姿を、今も残す 古都。 8世紀に出来た1300もの木造の家が見られる。 博物館もあり。 当時の様子を残し、これほどよく保存されている中世の町は他にない。 ドイツ初代王ハインリッヒ1世と彼の後継者オットーはここをヨーロッパの 政治、教育、文化の中心地と位置づけ、「帝国の首都」と呼ばれた。 聖セルヴァティウス教会はロマネスク様式建設の傑作。
Info: Tel. 03946-90550 Stadtverwaltung
 
     
23.Regensburg (レーゲンスブルグの旧市街)(2006年)
  古代ローマ時代にドナウ川とレーゲン川の合流点に位置する交通の 要塞として栄えた。 ドナウ南岸の大聖堂がある旧市街と対岸のシュタットアムホーフは 当時の姿をそのまま伝えるとして、世界遺産に登録された。 シンボルは二本の尖塔が特徴の大聖堂。 石橋は中世の橋建設の 代表作。 おおくの観光客が訪れる。
Info: Tel. 0941-507-4410
 
     
24.Reichenau – Insel (ライヒェナウ島)(2000年)
  BadenWuerttemberg州(州都Stuttgart)の観光地ボーデン湖に 浮かぶ島。 Konstanz市の西側。 この湖はドイツ、オーストリア、スイスに接している。 8世紀からの大聖堂、9世紀―11世紀の3つの教会、 修道院(キリスト精神を倣って祈りと労働の共同生活の施設)がある。  当時のヨーロッパの「芸術の中心地」
Info: Tel. 07534-9207-0
 
     
25.Rhein – Oberes Mittelrheintal (ライン渓谷中流上部)(2002年)
  Koblenzから伝説のローレライを通ってBingen am Rhein間の 65キロのライン川渓谷。 先史時代よりライン川は交易の重要な通路、土手沿いに集落、 城塞が建てられていった。 今のなお、古城、古い町並み、聖堂、修道院など、更に急斜面のぶどう畑 中世以来の景観が残されている。
 
     
26.Speyer – Dom (シュパイヤー大聖堂)(1981年)
  現存する最大の教会。 初代ザリエル王朝の皇帝コンラート2世により、それまで 無名の都市Speyer市に1025年に建設を開始させ、 1061年に完成した。 コンラート2世、4人の皇帝、4人の国王、3人の皇后、5人 の司教が埋葬されている。 ローマ帝国時代の最大のキリスト教教会。 その後の 教会建築のモデルになった。
Info: Tel. 06232-102-118
 
     
27.Stralsund / Wismar (シュトラールズント / ヴィスマール)(2002年)
  ドイツ北部のバルト海に面した港湾都市、ハンザ都市として 繁栄した。 両市共同で世界遺産の登録を受けた。 Stralsund – 1209年に成立、1234年に都市権を得た。  1278年にハンザ同盟。 今の残る中世の素晴らしい町並みから当時並外れて 裕福だった事が偲ばれる。 リューゲン島やビデンゼー島へ渡る交通の拠点で、多くの観光客 で賑わう。
Info: Tel. 03831-252316 Wismar –海上貿易の中心地だった。この頃の建物が残る 旧市街と旧港が美しい。 マルクト広場にも立派な3つのゴシック様式の教会と市庁舎などの 歴史ある建造物が並ぶ。
Info: Tel. 03841-2519030
 
     
28.Trier – Römische Baudenkamäler、Dom und Liebfrauenkirche
  (トリエのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂と聖母マリア教会)(1986年) モーゼル湖畔のトリエは16世紀に出来たドイツ最古の都市。 400年のローマ帝国時代の数々の遺跡により 1986年に世界遺産に登録された。
Info: Tel. 0651-718-0 Stadtverwaltung
 
     
29.Voelkslingen (フェルクリンゲン製鉄所)(1994年)
  1873年に操業開始し、1986年に閉鎖された製鉄所。 産業化 最盛期の最初の産業地跡として世界遺産に登録された。 当時そのまま完璧な形で残っている。
産業芸術の代表作。
Info: Tel. 06898-13-2800 Tourist
Info: Tel. 06898-13-0 Stadtverwaltung
 
     
30.Weimar (ワイマール古典文化)(1998年)
  公爵アンナ・アマーリアなしにはワイマールは語れない。 彼女が詩人や思想家たちを呼び寄せ、18世紀から19世紀初頭にかけて、 ゲーテやシラーを中心として、ドイツ古典主義が花開いた中心地。 すばらしい文学作品がここワイマールで誕生していった。 当時を偲ばせる建物や公園など11件が世界遺産の対象となっている。 その中には、ゲーテの家、シラーの家、市の城(様々な絵画が展示)、 市の教会(ヘルダーが眠る)、寡婦宮殿(未亡人公妃アンナ・アマーリアの宮殿) などが含まれる。
ゲーテの死と共にワイマール古典時代は終わりを告げる。
Info: Tel. 03643-745-0
 
     
31.Wies – Wallfahrtskirche (ヴィースの巡礼教会)(1983年)
  1745年-1754年に当時の著名な天才建築家   Dominikus Zimmermann氏の設計で、アルプスの麓の 牧草地にバイエルン地方のロココ調の巡礼教会として 建てられた。 外見は何の変哲もないが、内部のロココ調の美しい装飾は   ヨーロッパ一と云われる。 毎年世界中から100万人が訪れる。
Info: Tel. 08862-93293-0
 
     
32.Wittenberg (ヴィッテンベルグ / ルター記念建造物群)(1996年)
  ヴッテンブルグはルターの「95か条の論題」が扉に貼られた教会がある。  ここから彼の宗教改革が始まり、広がっていった。
Info: Tel. 03491-498610
 
     
33.Würzburg – Residenz (ヴルツブルグのレジデンツ)(1981年)
  バロック様式宮殿で、1740年-1770年に建設され、 1765年-1780年に壮大な庭園が作られ、ヨーロッパでも 屈指の美しい宮殿とされている。 当時の著名な芸術家がオーストリア、 イタリア、フランスなどから集まって、有名な階段の間の天井画 などを描いた。
1981年に世界遺産に登録された。
Residenzplatz 2 
97070 Würzburg 
Tel. 0931-355170 

 
     



UNESCOがドイツの世界遺産、ドレスデンのエルベ渓谷を世界遺産登録を抹消。
登録抹消の原因は建設中のアウトバーンの橋Waldschloessbruecke。
周りの景観を損ねるとして、ユネスコは建設計画当時から警告していた。
これはドイツの文化財保護、史跡保存に大きな痛手となった。
過去にもケルンの大聖堂(14 Koeln – Dom参照)も2年間ユネスコの世界遺産抹消リストに挙がっていた。
大聖堂周辺に高層ビル建設が5件も計画されたからである。 ドイツ政府はユネスコの圧力に負け、結局1件しか高層ビルを建てず、
世界遺産抹消から逃れた事がある。
又ローレライもライン川を跨ぐ橋の建設が行われないでいる。
世界遺産抹消は過去に一度だけオマーン国にあったのみ。
















白い建造物が建ち並ぶStuttgartのWeissenhof住宅地、Unescoの世界遺産登録ならず!
前世紀にフランスの設計士などによって建てられて来た白い近代建築の住宅地。 全建物は人が実際に住んでいるので、建物の内部は見学出来ない。
世界遺産登録は日本、アルゼンチン、スイス、ベルギーからもあり候補に上がっていたが、3年以内に改善し再申請が出来る。
今回は日本からもやはりフランス人設計の上野国立西洋美術館が同時に落選している。





 

ドイツの誇れるところ


ドイツメディアが選んだドイツの誇れるところ。

ロマンティックな名城 - Neuschwanstein
(詳細は生活情報メモ - ドイツ国 - 城 参照)


厳しいゴミ仕分収集システム


清潔できれいな水道水
ドイツの水道水 (Leistungswasser)は衛生上全く問題なく飲み水 (Trinkwasser)としても利用出来る。


ドイツの基幹産業 - 自動車


ドイツ産業の要、工作機械などの中企業


世界の模範- 風力・太陽・水力などの再生可能エネルギー


近代的なサッカー競技場 - AllianzArena Muenchen


革新的技術 - パテント申請は世界第四位


ドイツの斜塔 - Kirchturm Suurhusen
1450年にそれまでにあった教会にくっ付けて塔が建てられた。地盤沈下で塔が傾き、1885年に初めて人々が気づいた。
費用の関係で修復不可能で、今や傾斜5,19度で、ピサの斜塔3,97度より傾いている。
崩壊の危険があり、今は立ち入り禁止となっている。


テレビのニュース番組 - Tagesthemen、heute-journal
世界でも有数な情報力


Gerhard Richter氏、ケルン在住の画家。彼の絵「Domplatz, Mailand」
がオークションで37億円で売れた。史上最高額。
(画像なし)

Bio食品がスーパーなどの商品棚を支配している。増大傾向が続いている。


充実した自然保護政策。やまねこ、鷲、狼などが、自然保護団体の活動などで、またドイツで繁殖し出した。


自然世界遺産Wattenmeer、St. Peter-Ording - 北海の巨大砂浜。長さ12km、幅2km



<論説> 
もうひとつ、ドイツが誇れる大事なものを忘れているようです。
それはドイツ全国に広がるアウトバーン網です。
詳細はトップページ - ドイツに慣れよう - アウトバーンを参照





1 5 6 11 12
<ドイツ生活情報>
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、
豊かな自然と文化が融合した環境の中で、
ゆったりとした生活を楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?
そしてドイツ人気質とは?
ドイツに在住の日本人によるドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを簡潔に掲載し、
ドイツで生活する上で参考にしていただきたい情報が満載です。
ドイツでの生活について、
電車の乗り方や車の運転の仕方、
住宅の探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、
子供の幼稚園問題、文化、お金の話、人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、
多岐にわたりわかりやすく具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった個々の素材まで、
日本との違いやその良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方やドイツの学校で留学する方、研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、ドイツの暮らしに興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが書かれているので「へぇ〜」っと思うことがたくさんあるのでは?
ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、豊かな自然と文化が融合した
環境の中で、
ゆったりとした生活を楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?そして
ドイツ人気質とは?
ドイツに在住の日本人による
ドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを
簡潔に掲載し、ドイツで生活する上で
参考にしていただきたい情報が満載です。
ドイツでの生活について、電車の乗り方や
車の運転の仕方、住宅の探し方、ドイツでの食事事情
(食材についても細かく)、子供の幼稚園問題、
文化、お金の話、人間関係の話、
ドイツに暮らす日本人の生活など、多岐にわたり
わかりやすく具体的に書いてあります。
例えば
洗濯機や浄水器といった細かな生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった
個々の素材まで、
日本との違いやその良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方や
ドイツの学校で留学する方、
研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方
(もしくは国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)は
ぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる
予定のない方でも、ドイツの暮らしに興味がある方は
とても面白く読むことができると思います。
細かなところまで
具体的な違いが書かれているので
「へぇ〜」っと思うことがたくさんあるのでは?ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、豊かな自然と
文化が融合した環境の中で、ゆったりとした
生活を楽しんでいる。
その基盤となる
ドイツ社会とは?そしてドイツ人気質とは?
ドイツに在住の
日本人によるドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを
簡潔に掲載し、ドイツで生活する
上で参考にしていただきたい
情報が満載です。
ドイツでの生活について、
電車の乗り方や
車の運転の仕方、住宅の探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、
子供の幼稚園問題、文化、お金の話、
人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、多岐にわたりわかりやすく具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな
生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった個々の
素材まで、日本との違いやその
良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方やドイツの学校で
留学する方、研究に訪れた方や、ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは
国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、
ドイツの暮らしに
興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが
書かれているので「へぇ〜」っと思うことが
たくさんあるのでは?
ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、
ドイツ。
特に裕福でもない人々が、
豊かな自然と
文化が融合した環境の中で、
ゆったりとした生活を
楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?そして
ドイツ人気質とは?ドイツに在住の日本人による
ドイツの暮らし方の
紹介です。
ドイツのライフスタイルを簡潔に掲載し、
ドイツで生活する上で参考にしていただきたい
情報が満載です。
ドイツでの生活について、電車の乗り方や車の運転の仕方、住宅の
探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、子供の
幼稚園問題、文化、
お金の話、
人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、
多岐にわたりわかりやすく
具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな
生活用品、食材ではトマトやキャベツといった個々の
素材まで、日本との違いやその良し悪しを
率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方や
ドイツの学校で留学する方、研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは国際結婚されて
ドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、ドイツの暮らしに
興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが
書かれているので「へぇ〜」っと思うことが
たくさんあるのでは?ドイツを知るお勧めのホームページです。ドイツの生活情報と掲示板1:ドイツでの趣味に関する掲示板 趣味 − スポーツ − 同好会や親睦会や仲間募集の場、同好会のリストはこちら
ドイツの生活情報と掲示板2:ドイツでの女性に関する掲示板1 恋愛や結婚や家庭 − 料理 − 美容や健康や病気 − 育児や教育など意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板3:ドイツでの女性に関する掲示板2 流行 − うわさ − 街の話題など何でも話し合う和気藹々の井戸端会議
ドイツの生活情報と掲示板4:ドイツでの事件に関する掲示板 生活や職業や組織上のトラブル − 苦情や不平 − 犯罪や盗難や事件など意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板5:ドイツでの討論に関する掲示板 ドイツという国やドイツ人やドイツの風習や日本や日本人との比較などの意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板6:ドイツでの情報に関する掲示板 街や催物やショッピングやお店などの情報 − 耳寄りな話や面白い話や役立つ話
ドイツの生活情報と掲示板7:ドイツでの生活に関する掲示板 その他生活一般やIT関連など
ドイツの生活情報と掲示板8:ドイツでの取引に関する掲示板 住居(貸します) − 売買(売ります) − 求人 − 新事業や新製品紹介 − その他取引関連
ドイツの生活情報と掲示板9:ドイツでの<告知板や質問箱> EbiharaGermanNetの掲示板です。ご自由にどうぞ。