2007年2月から
アクセス数 : 1275361
Seit 02.2007
       
Share (facebook)
無題ドキュメント

犯罪

◆犯罪の概要
 
○それは比較的老人を狙っている
ひったくり、強盗、詐欺

○ドイツに不法滞在しているトルコ系やアラブ系の外国人に多い
窃盗、強盗

○警戒心が薄い、豊かな日本人を狙っている
窃盗、すり、強盗、車内荷物の盗難

○極右のネオナチグループによるアジア系、アフリカ系外国人に対する暴力が増えている
嫌がらせ、暴力、殺人

○子供に対する性犯罪も多くなってきている。これはドイツ人犯罪者が多い
常習犯 

○トルコ系、アラブ系の家庭内の犯罪
嫉妬心により女性殺人、西欧化する女性に対する見せしめ暴力、殺人などが
ドイツでの主な犯罪図になっています。


◆警戒心の薄い日本人を狙った典型的な犯罪例

1.ホテル内でのチェックイン中、駅構内での時刻表チェック中などで足元に置いた荷物、
カメラ、カバンなどが取られてしまう。一人が近づいて話かけ、注意を逸らしている内に共犯者が
荷物を奪うケースも多々あり、その盗んだ共犯者が更に別の共犯者にリレー式に手渡していく事も
よくあります。
手荷物、カバン、パスポートなどは決して手又は目から離しては絶対にいけません。
見知らぬ人が親切そうに、優しそうに話かけて来たら、大いに警戒です。

2 駅や列車内で混み合う時、見知らぬ人が執拗に近づき、身体に接触してくる。
背広の内ポケットやズボンの後のポケットなどの財布には充分気をつける必要があります。
又、網棚に置いた荷物も狙われます。やはりここでも一人が話しかけて注意を逸らし、共犯者が
荷物を盗む手口です。

3.路上駐車しているところに前からアラブ系の外国人が車の下を指指しながら、ワーワー近づいてくる。
何だろうと思って車から降りて下を見ると何でもない。車に帰ってみると車内においてあったパソコンや
カバンなどがなくなっている。

4.散歩をしていて、優しそうな現地人と親しくなり、一緒にコーヒーやビールを飲んで、上着を
椅子にかけたまま便所に行っている間に財布を盗まれた。

これらがドイツで日本人が被害に合う典型的な例です。

つまり警戒心の薄い日本人の弱点(?)をうまく突いた犯罪です。
ヨーロッパに来たら、ドロボーだらけ位に思って、警戒心を強める事がまず第一。
貴重品の入ったカバンなどは狙われ易いので、中身を身に着けて、手提げカバンなどはなるべく持ち歩かない。
こちらから頼みもしないのに、親切そうに見知らぬ人が話しかけて来たら、泥棒と思って警戒する事
何処に居ても、自分の周りに不必要に人が集まってきたり、近づいて来たら要注意。身を引き締める事。
可愛い子供や赤ん坊を使う事もあるので、不親切に思われても無視が一番。

日本人植民地と云われるデュッセルドルフの日本人街、市の中心街でもあるImmermann Strasseに日本人を
狙った犯罪が少なからずあります。今後もこのような犯罪が続くのであれば、市公安局に防犯カメラの設置が
求めていく事も必要になってきます。

<補充>
1人が人の注意を逸らしている間に共犯者がカバンや財布を盗む盗難が急増!
つまり、上述の<警戒心の薄い日本人を狙った典型的な犯罪例>が急増している。
2と3の例のように複数で組んで、1人が人に話しかけ、またはワーワー騒ぎながら、別の方向に指差して
注意を逸らしている間に共犯者がカバンや財布を盗む盗難が急増しているので注意。
これは日本人ばかりではなく、ドイツ人を含む全ての人に広がっています。

見知らぬ人が近づいてきたり、話かけたりしてきたら、周囲をも見渡して、充分注意する必要があります。

クリスマス市 (Weihnachtsmarkt)にも、その混雑に乗じて、財布を狙うスリが横行しています。
最近では、親が小さな子供を送り込んで、スリをさせる手口が盛んになって来ました。
手口はいつも同じ。 何でもキッカケを作って話かけてきます。 気を逸らしている間に、自分か共犯者に
財布を抜かせる手口です。
見知らぬ人が、それが子供でも、話しかけてきたら、まず要注意です。

<追加>
デュッセルドルフの日本クラブより警告が出ています。
日本人女性が犬と散歩中に警察官からパスポートの提示を求められ、その場で所持していなかったので、
罰金80EURをその場で徴収されたというもの。 
日本クラブの関係所管との調査の結果:
1.パスポートの携帯義務はない。
2.但し警察管はその場でパスポートの提示を求める事が出来る。
3.求められれば提示の義務が生じるが、その場で携帯していなければ、
  (1) パスポートのコピー、免許証、車検証などで代用出来る場合がある。 
  (2) 自宅か会社に取りに行くか、一緒に行って見せる。
  提示を拒否すれば違反となり、罰金が課せられる。
4.但し警察は不携帯の理由で、その場で罰金を徴収する権利はない。
よって、前述の日本人女性はニセの警察官に騙された可能性もあり、注意を呼びかけています。


◆家宅侵入 - 泥棒

特にデュッセルドルフで家宅侵入の泥棒が増える!


夕方が早く暗くなる秋は泥棒のシーズン。 昨年は1950件だったが、今年は今後も増え、2000件を越えるのは確実とされている。

泥棒の主な時間帯: 17時から21時の間。
主な地域: デュッセルドルフ近郊、Wittlaer、Angermund、Benrath、Gerresheim、Loerickなど。
主な侵入路: 窓やバルコニー
盗難品: 現金、装飾品、車の鍵、携帯電話、DVDプレイヤーなどの電気製品など。
2階の寝室で1階の居間で物色するケースが多い。
所要時間は約3分。 それ以上は発見される危険が多いので、諦めて逃走する。

予防処置:
ガラス窓やガラス戸は抉じ開け難くするように2重のロックシステムの設置。
夜中にどこかの電灯を、タイマーか日光に反応して点滅する感知器で点けっ放しにして、誰か中にいるように見せかける。
長期に出掛ける際はチラシ、新聞などの郵便物を郵便箱から整理しておくように隣人に依頼する。


◆ボッタグリ鍵屋が横行 !

鍵を部屋の中に忘れてしまって、ドアーが閉まってしまった場合など、部屋に入れなくなる。
相鍵を預けた隣の人は不在。
唯一の救いは鍵屋に電話する事。
そこで人の弱みにつけ込んで、法外な金額を請求するボッタグリ鍵屋が問題になっている。
鍵屋が650EURの法外な金額をボッタグリ、裁判で1.500EURの罰金の判決を受けた。
他にも、100件以上の苦情があり、裁判中の鍵屋も数件ある。
通常は100EUR近辺で、日曜・祭日では250EUR近辺。
よって、電話で依頼する時、そして現場で再度値段をはっきり前もって決めておく事が大事。
もし、作業が長引いたりして、料金が高くなる場合はキャンセルする事が出来る。
また請求される交通費を安くするためには、鍵屋は近くの会社に依頼する事。
高く請求しようと、ドアーを打ち破る、鍵そのものを新品と交換するの必要は通常ない。
高く請求されたら、支払いを拒むか、警察を呼ぶ。



全国規模の鍵業者
Schluesseldienst Seibel
Tel. 0800-2200881 24時間

DFH
Tel. 0800-4411667 24時間

Deutsche Schluesseldienst Zentrale
Tel. 0800-1187888 24時間


◆スリ

デュッセルドルフで財布泥棒が2倍に増える! 要注意!
6月末までにすでに700件余り告訴され、前年の2倍に増えた!
特に東欧のスリ団が暗躍している。
9月1日よりデュッセルドルフでは50人の警官が、年金退職者のため少なくなる。
充分な補充がまだ出来ない状態。




<追加>
デュッセルドルフ中央駅でカバンの盗難が相次ぐ!
駅の構内で旅客にある人が話しかける。 旅客は持っていたカバンを足元に置く。
話しかけた人は旅客にどんどん話しかけ、気を逸らせる。 その間、何時の間に近づいて来た別の共犯者が
こっそりカバンを盗む。
話かけた人はそのまま黙って逃げる。 旅行者はその時初めてカバンが盗まれたをの気付く。
警察は
他人から話しかけられたら、まず疑う。
カバンは身から離さないか、自分が見える所に置く。
現金は必要最低限しか持ち歩かない。
事を呼びかけて、注意を促している。











<追加>
Frankfurt中央駅で財布のスリ団が逮捕される!
3人の男(19才から32才)と女性の共犯者はイタリア、スペイン、英国、フランスなどで窃盗で、国際手配されていた。
フランクフルトでは日本人が1.700EURの現金が入った財布を盗まれていた。
隠れ家のホテルの部屋で、11.000EURの小銭、多数の財布やカバンが発見された。
このスリ団は特にアジアからの観光客を狙っていた。 フランクフルト中央駅でリュックサックを開けようとしていたところを
現行犯で逮捕されたもの。


 
<追加>
お祭りに道化師を装って、赤い団子鼻に、空き缶を片手に偽の寄付金集め横行!
子供救済団体などの名前を語り、
「貧しい子供に救済を!」
「病弱の子供達に救いを!」
などと通行人に話しかけ、寄付金をせびる。
実際は集めたお金は子供の救済には向かわず、自分の別荘のローンに回したりする偽者が横行し、
警察は警告を発している。 取り締まりも強化した。










似たような手口で通行人やバー、レストランなどの客のテーブルに紙コップなどを置いて、
しつこく金をせびる外国人などが横行している。
これは犯罪にはならないが、店のオーナーも余りに客にしつこく纏わり付くので、自主的に小金を払って、
店からすぐに出てもらうケースも増えている。

<追加>
あるいは、未成年の若い女性2人が寄付金集めを装ってのスリ!
飲食店や喫茶店で、テーブルに携帯や財布を置いている客を狙って、話しかけ身体障害者用の寄付金集めなどと
偽って、偽の案内看板を目の前に見せ、その間にテーブルにある携帯や財布を盗むというもの。
警察は目に見える所に携帯はカバンなどは絶対に置かないように注意を呼びかけている。


◆ビジネスマンやキャリアーウーマン装った犯罪 - 空港、中央駅、見本市会場など

他人のポケットから財布を抜き取るスリではなく、最近身だしなみの良いビジネスマンやキャリアウーマンを
装った泥棒が増えています。活動場所は旅行者を装って空港や中央駅、訪問者を装って見本市(Messe)会場など。
通常2−3人のグループで活動し、そこに群がる人々の手荷物に対する注意度を監視して、一人が優しく話しかけ、
注意を逸らして別の人が傍に置いてあるラップトップとか手荷物を盗むという昔からの手口。 
あるいは自動支払機やパーク切符支払機などの前も危険地帯。 見知らぬ人から話しかけられたら絶対に要注意!


 

◆偽の訪問客 - 偽の警察官、偽の修理業者、女性詐欺師など

ドアーの向こうの偽の警官、偽の水道局の人間、偽の電気工、病気を装った女性などに注意!
79才の年金女性のアパートに呼び鈴が鳴った。
ドアーを開けると二人の男が「市営エネルギー局(Stadtwerke、日本の水道局)の者で、水道菅の調査に来た」と
告げた。
男達はジャケットに貼られていた身分証明書を見せ、 近所の通りの水道菅が破裂したので、調査が必要で、
そのため120EURかかるので、すぐ支払って欲しいと告げた。
これで79才の年金女性は偽の従業員と感じ取り、ドアーをすぐに閉めて警察を呼んだ。 警察の調べでこの男達は
偽者と判明した。
場合によっては120EURだけではなく、アパートに入れたら、一人の男がその女性の注意を逸らせ、その間に別の男が
居間などからお金や貴重品を盗んでいただろうとの事。
警察はこの女性を防犯の模範と賞賛している。

注意:
○市営の水道局などは予め電話での通知なくして、突然に調べには来ない。 予め電話での通知があった場合でも、
現れた際に電話を入れて会社に再確認する。
○その他、電気工事の職人、警察或いは病気を装って水一杯を懇願する女性などが突然来た場合は、絶対にアパート
に入れない事。
チェーンのかかったドアーの隙間で会話する事。  コップ一杯の水もドアーの隙間から渡す。
○身分証明書を提示させる。 しかし本物とは分からないので、所管の電話番号を聞いて電話で確認する。
○電気代や水道代など何かの追加支払いが生じた場合は銀行送金で払う事にして、現金での支払いは絶対に避ける。
現金での支払いを要求する人は偽者。
○何かの払い戻しがあった場合でも現金で受け取らず、銀行送金依頼する。 現金を持参する者は偽者でわざと
大きなお札でつり銭を要求し、お金のありかを突き止めてしまう。


他の手口:
1. コップ一杯の水
特に女性による詐欺。 近所の人を訪ねたが、留守。 気分がちょっと悪くなったので、水一杯下さい とか、
近所の人にメモを書くので、渡して欲しい とかで家の中に入れさせ、
隙をみて金や物を盗む というもの。
これは人の善意を悪用するもので、用心のため見知らぬ他人は絶対に家に入れず、ドアーの外で用事を済ます。
2. 修繕職人詐欺
市から水道管の調査に来た とか テレコムから電話回線の調子を調べに来た 或いは警察官を装って家の中に入り、
やはり隙をみて、金や物を盗む というもの。
通常、前以て電話通知があり、あってもなくても必ずドアーの外側から身分証明書を提示させる。
更に派遣先の会社に電話で問い合わせる。

<追加>
3. 紙とボールペン
隣の人が不在なので、メモを置きたい。紙とボールペンを貸して欲しいと依頼。:
用意している間に住居に侵入、置いてある現金を盗む。:
4. 花やプレゼント
隣の人が不在なので、花やプレゼントを預かって欲しいと依頼。:
住居に侵入して、置いてある現金を盗む。:
5. 赤ちゃん着せ替え:
赤ちゃん着せ替えやミルクを与えるので、場所を貸して欲しいと住居に侵入。:
6. 事故:
近くに車の交通事故をやってしまったので、警察通報の電話を貸して欲しいと住居に侵入。


「コップ一杯水を下さい」のトリック3000EUR盗まれる!
79才の年金者のアパートにお昼頃呼び鈴が鳴った。
ドアーを開けると2人の女性が立っていた。 すぐに部屋の中に入れてしまった。
一人の女性は「すいません、コップ一杯水を下さい」と言って、男は一緒にキッチンに行った。
女はキッチンで男の気を逸らすように、何かを話始めた。
その間居間に残された別の女は10分後にキッチンに入って来た。 二人はすぐに礼を言いながら出て行った。
男はしばらく経って、居間からカバンがなくなっているのに気付いた。
中には3.000EURの現金と預金通帳が!
警察は捜査しているが、女の一人は50 – 55才で1,65m、もう一人は14才位の若い娘だったと云う。


付近の泥棒の捜査と称する偽の刑事二人が、70才の年金者から数千ユーロ盗む!
その日の昼頃、「近くに泥棒が入ったので、捜査している。 お宅にも入ったかも知れない。」との電話があり、
夜8時頃にやって来た。 二人はアパートに入り、現金の入った金庫を提示させ、そのまま逃走した。
被害額は数千ユーロ!  この年金者はドアーのチェーン越しに二人の身分を、警察手帳などで確かめなかったと思われる。
 

元教師のアパートに偽警官が3番目の鍵で侵入、40.000EURの現金盗む!
65才の元教師のアパートに呼び鈴が鳴った。
覗き穴から見ると警官が立っていた。 チェーンを付けたまま、ドアーを半開きにして、警察手帳の提示を求めた。
警官は「大変結構ですよ、そう用心されるのは。 実は先ほど隣に泥棒が入ったので、ドアーの錠を交換するために来ました!」
元教師は安心して、その警官をアパートに入れ、錠前が交換され、鍵2個を渡された。
翌日、アパートが荒らされ、現金で40.000EURを貯金していたのも盗まれた!
前日の偽警官は3個目の鍵を持っていたのである。


又も老婦人が見知らぬ男をアパートに入れて、詐欺に合い、200EUR盗難!
84才の老婦人のアパートに呼び鈴が鳴った。
開けてみると、「近所の人」(!)と名乗る男が立っていた。
「自分のアパートの鍵を忘れて部屋に入れないので、キーサービスに電話したいので、電話を貸して欲しい」
との事。
老婦人は男を居間に通した。
男は老婦人に更に「コップ一杯の水とメモ用紙」をお願いした。
老婦人はべつの部屋に出て行った。 居間に戻って来た時は、男が200EURの入った財布を見つけて、
自分のポケットに入れ、ちょうど出て行こうとしていた。 男は老婦人を押しのけて逃げ出して行った。
警察は老人を狙ったこのよな詐欺が増えてきているので、注意を呼びかけている。


フランクフルト市内で偽の警官に話かけられ、現金4.000ドル盗まれる! 
一件はイラクの観光客が昼間3人の偽警官より英語で話しかけられた。 麻薬取締り中との事で、財布を検査したいと
の事。
その後、偽警官は黒い乗用車でその場を去ったが、財布にあった3.950ドルはなくなっていた。
同じ日に、今度は二人のエジプト人が同じ手口で1.100EURが財布から盗まれていた。

<追加>
アウトバーンで偽の覆面パトカー
覆面パトカーを装って自分の車にの電光掲示板を取り付けた。
若い女性がアウトバーン運転中に、その車に次の駐車場に誘導された。
偽警官:スピード違反で80EURです。
と告げられた。女性はその偽の警官がかなり酒の臭いがしたので、怪しく重い、警察証の提示を求めた。
偽警官はすぐにその場を逃げ去った。


◆銀行自動支払機での犯罪

銀行自動支払機・インターネットバンキングでの犯罪がプロの犯罪組織によって急激に増加している。
 
ケース1
3人組が自動支払機の傍でカモを待っている。
そこへ一人がお金を引き出しに来る。ECカードを差し込んで4桁の秘密Code番号を入力する。
その内の2人がお互い会話している風をして、密かにその4桁の数字を盗み見る。ECカードが支払機から出て来た
瞬間、もう一人がその人の足元にお金を落とし、あたかもその人が落としたようにその人の注意を逸らす。
その隙に2人組がその人のカードを盗み、偽のカードを差し込む。
気を逸らす方法は他にもあり、新聞やメモを見せながら、話しかける。
これらはプロの犯罪組織が主だが、気を逸らせる人物は未成年者を使うケースもある。
警察は逮捕しても未成年者のためすぐ釈放せねばならない事を知っているからだ。黒幕まで逮捕される事は殆どない。

偽のカードが差し込まれたとは知らず、自分のカードと思い込んで引き取り、出て来たお金と一緒にその場を去る。
3人組はその人のカードと秘密Code番号を手に入れた事になり、早速、その人の口座から現金が引き出される。 その人が偽にカードに気付くのは大体数日後で、現金が引き出された後と事となる。


  防御策:
回り不審人物がいるかどうか、に充分に注意し、誰も近くに以内事を確認する。
PINナンバー入力には片方の手で覆い隠す。
犯罪者は暴力を使うなど凶暴化しつつあるので、充分注意が必要。

ケース2
銀行の自動販売機に別の入力キーボードを見た目では区別の付かないように設置し、ミニカメラの設置などによる
PINナンバーの読み取り、ECカード挿入口の操作によるマグネットバンドの読み取りなどで得たPINナンバーを
偽造されたECカードに貼り付けて、その口座から外国などでの銀行自動支払機で現金をおろすというもの。
2008年にはデュッセルドルフだけで89件、429人が犠牲者になり、損害総額はドイツ全国で500億円!

(偽のキーボード)
(ミニカメラが設置された自動支払機)



  ドイツではこの自動支払機に安全装置が設置されており、偽のECカードでの不正引き落としは困難に
なっているが、イタリア、ルーマニア、トルコ、オランダなどの外国では、その装置がない場合が多く、
これらの外国での引き落としが増えている。
 
<追加>
銀行での自動支払機での犯罪が急増! 数人で獲物を狙い、一人がメモなどを目の前にかざして人の気を逸らし、その間にもう一人が盗み、
場合によってはもう一人、つまり三人目の人に盗んだものを手早く渡す手口は常套手段。
最近では子供達の犯罪が増えている。

その手口: 写真1:子供達が回りで、婦人が自動支払機にPINナンバーを入力をするのを待つ。


写真2:PINナンバーを入れると同時に婦人の周りに集まってくる。 婦人は子供達を追い払うとする。


写真3:一人の少女が婦人の目の前にメモをかざして、何かを言って婦人の気を逸らす。
その間に別の男の子が素早く金額を入力する。


写真4:出てきた紙幣を素早く掴んで、その場を立ち去る。


写真5:婦人が盗まれたのを気付いた時は、子供達は逃げた後だった。



◆PCオンライン・オンラインバンキングでの詐欺

PCオンラインでの詐欺が急増! 特にオンラインバンキングに注意!
22百万の人がウィールスの被害! これは前年より5%アップ。
6百万の人がオンラインショッピングの詐欺に遭う。 昨年より2%アップ。
35百万人の人がパスワードが盗まれる。
更にオンラインバンキングでは5000件の被害、前年より70%アップ!
これは詐欺師の手口が巧妙になりつつある事を物語っている。
Phishingと呼ばれる手口で、銀行を装い、メールを発信し、口座ソフトの更新と称して、
PinナンバーとTanナンバーを要求してくるものや、銀行にそっくりの偽のホームページに誘導させ、PinとTanを
入力させるもの。
又はウィールスの入った添付を付けたメールを開けさせて、スパイウェアーを侵入させ、PCから個人情報を
盗み出すものなどが主。
連邦警察局は、PCに最新のアンチウィールスソフトの導入を呼びかけている。
このソフトを入れていない人がまだかなり多い! 更に最新の情報を更新する事。
また不審な送信者からのメールは絶対に開かない事が大事。




◆オンラインショッピングE-Bayで詐欺!

E-BayにApple社のiPhone4が400 - 460EURで個人から売りに出されていた。
まだ使っていない、オリジナルの梱包のままで、新品では、つまり日本で言う弁当箱だった。
売主が特定出来たので、現在裁判中。売主は詐欺を否認している。



◆Call-by-Callでの格安電話で詐欺が横行!格安電話に注意!



手口は最初の勧誘、宣伝などで、格安の分当りの料金を提示してお客を誘う。
そして利用してみると、何時の間にかその1000倍以上の料金で請求書が舞い込んでくる。
払わないで無視していると警告が届き、最後には弁護士から告訴の脅しが来る。
普通の人はそれに驚き払ってしまうというもの。
最近では010040がこの詐欺で問題になっている。
電話が繋がる前に分当りの料金をアナンスで知らせる事が義務付けされいるが、料金が1,99EURなのか、
1,99Centなのか不明だったりする。
こういうものに出会ったら絶対に払わらず、書留にてその由を伝えておく。
通話のFlatrateを契約の場合はCall-by-Call利用の意味はない。


◆取立て業者や弁護士からの偽の支払い催促状

取立て業者のニセの催促状に注意!
急に郵便である取立て業者から催促状が届く事がある。
100EUR以上の金額が記載され、1週間以内に銀行送金しなければ、催促料金(Mahnugbueren)、差し押え(Pfaendung)、
ブラックリスト記載など脅かしてくるもの。
消費者は身の覚えがなくても驚いて払ってしまうケースも多い。
これは詐欺行為なので、絶対に支払う必要なない。

但し、支払いが確かに遅れる場合は相手方と連絡を取り、その由を伝えと大体了解を得る事が出来る。

消費者からの支払い回収を進めるため、又その作業を取り立て専門業者に依頼しているところも多い。
但し、取り立て専門業者用の費用は消費者は負担する必要はなく、あくまで依頼者の負担になる。
消費者は請求金額が高くなっていないか注意する必要がある。 金額に違いがあれば、支払う前に問い合わせする。

債権者が日時を限定して支払いを要求してくる催促状や警告(Mahnung)を前以て出さずに、いきなり取り立て専門業者に
依頼して、その費用も一緒に請求してきた場合や弁護士を介入させて、その弁護士料金も一緒に請求してきた場合は、
これらの費用を消費者は支払う必要はない。

悪徳業者と正常な取立て業者の区別は、取立て業者は管轄裁判所に登録されていなければならない。
登録管轄裁判所と登録番号は請求書や郵便物に明記されている。
登録されていない業者から催促状が来たら、警察に通知する事が出来る。


◆安心と思っていた病院に泥棒が横行!

最近大きい病院内での盗難が増えて来たそうです。
それは
患者の見舞い客を装って簡単に病院内に入れる事。
病院内、又は待合室では盗難に対する警戒心が、まさかと思い、ほぼゼロになってしまう事。
が原因だそうです。 バッグ、携帯電話、化粧品、メガネなども盗まれるそうです。
空港、駅などでは盗難に注意を呼びかけるアナウンスがありますが、病院でもエレベーターなどに注意書が
貼られるようになり、最近ではこんなアナウンスがどこかの病院で実際にあったそうです。
<ただ今、この病院内に泥棒がいますので、皆さんご注意下さい!>

<追加> 
デュッセルドルフの病院Marien Hospitalの病室に泥棒が侵入、看護婦が殴られて意識不明!
78の才の年金者が夕方、入院の病室で物音に目覚めると、窓際で25才位の1.90メーター位の男が彼女の財布を
まさぐっているのを見つけた。
ちょうど看護婦も不審を感じて、その病室に入って来て、男を発見。 男はすぐに看護婦に飛び掛り、気絶する
まで殴り倒して逃走した。
時計、メガネ、60EUR入りの財布が盗まれた。

病院と警察は、
1. 病院には絶対に大金を持ち込まない
2. 宝石類、電気製品やその他の高価なものは持ち込まない
と呼びかけている。


◆ドイツでもオレオレ詐欺!

ドイツでも日本のようなオレオレ詐欺が横行。
ドイツでは、年配者を狙って偽孫詐欺(Enkeltricks)と呼ばれている。
年配者は一人寂しく生活している人が多く、家族、親戚、孫などからの電話は特に喜ぶ。
急病、事故などを装って、すぐに金が必要と緊急事態を訴え、日本のように銀行振り込みではなく、
別の人間に取りに行かせるというもの。
外から窓のカーテンが年配者好みのもの、電話帳で昔によく名付けられた名前を狙って電話する。

<追加> 
ドイツでも度重なる警告にも拘らずオレオレ詐欺に引っかかる!
ドイツでは孫詐欺(Enkel-Trick)と呼ばれ、お金に困った孫を装ってお年寄りに電話して現金を騙し取る手口。
この詐欺は何度も報道され、警察も繰り返し警告を出しているが、日本と同様にそれでも引っかかるお年寄りが
後を絶たない。
最近では、98才のお年寄りに孫と称する若い女性から突然に電話があり、
「すぐに儲かる不動産の購入契約をちょうど今弁護士事務所で契約中だ。 ちょうど20.000EURを不足してしまった。
今すぐ入用なので、すぐに返すから今貸して欲しい」と言い、ニセの弁護士が代わって電話口に出て事情を説明した。
お年寄りはすっかり信用して、すぐ取りに来た女性に20.000EURの現金を渡してしまった。
警察は、親戚と称し、金をせびる電話には充分気をつけるように再度警告している。

<追加>
76才の老婦人が振り込み詐欺を防ぐ!
ドイツにも振り込み詐欺はあり、日本と同様に社会問題になっている。
ドイツでは振り込み詐欺をEnkel-Trick(孫詐欺)と呼んでいる。
予め老人の住むアパートの住所、電話番号などを調べ、電話を入れて、
「私はあなたの孫です、覚えてますか?」で始まり、「事業を起こす」、「格安の不動産をすぐに買う」、
「事故にあった」 などと云いのは、日本と同じだが、違うのは、お金を振り込みさせるのではなく、
その日の内に銀行から現金をおろさせ、自宅にその現金を本人か共犯者が取りに来るもの。
この老婦人はこのEnkel-Trickに気が付き、警察に告発した。
勿論、犯人は不明だが、警察はこの老婦人の行動をEnkel-Trickの模範例として、注意を呼びかけている。
見知らぬ人からは、たとえ親戚と云われても、現金を絶対に手渡してはならない。 住居にも絶対入れない。
詐欺の被害にあった後でも、必ず警察に届け出る。

ベルリンでは、タクシー運転手が老人を振り込み詐欺から救う!
86才の老婦が現金をおろしに銀行へタクシーを呼んだ。 老婦は運転手に孫が不動産を買うので、その資金を
おろしに行くと説明した時、運転手は「ピン!」ときた、これはEnkel-Trickだと!
運転手はすぐに警察に電話、老婦がアパートで現金引き渡した時に、18才の姪と称する女性を逮捕した。
これはタクシー運転手のお手柄!


1 5 6 11 12
<ドイツ生活情報>
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、
豊かな自然と文化が融合した環境の中で、
ゆったりとした生活を楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?
そしてドイツ人気質とは?
ドイツに在住の日本人によるドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを簡潔に掲載し、
ドイツで生活する上で参考にしていただきたい情報が満載です。
ドイツでの生活について、
電車の乗り方や車の運転の仕方、
住宅の探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、
子供の幼稚園問題、文化、お金の話、人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、
多岐にわたりわかりやすく具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった個々の素材まで、
日本との違いやその良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方やドイツの学校で留学する方、研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、ドイツの暮らしに興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが書かれているので「へぇ〜」っと思うことがたくさんあるのでは?
ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、豊かな自然と文化が融合した
環境の中で、
ゆったりとした生活を楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?そして
ドイツ人気質とは?
ドイツに在住の日本人による
ドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを
簡潔に掲載し、ドイツで生活する上で
参考にしていただきたい情報が満載です。
ドイツでの生活について、電車の乗り方や
車の運転の仕方、住宅の探し方、ドイツでの食事事情
(食材についても細かく)、子供の幼稚園問題、
文化、お金の話、人間関係の話、
ドイツに暮らす日本人の生活など、多岐にわたり
わかりやすく具体的に書いてあります。
例えば
洗濯機や浄水器といった細かな生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった
個々の素材まで、
日本との違いやその良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方や
ドイツの学校で留学する方、
研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方
(もしくは国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)は
ぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる
予定のない方でも、ドイツの暮らしに興味がある方は
とても面白く読むことができると思います。
細かなところまで
具体的な違いが書かれているので
「へぇ〜」っと思うことがたくさんあるのでは?ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、ドイツ。
特に裕福でもない人々が、豊かな自然と
文化が融合した環境の中で、ゆったりとした
生活を楽しんでいる。
その基盤となる
ドイツ社会とは?そしてドイツ人気質とは?
ドイツに在住の
日本人によるドイツの暮らし方の紹介です。
ドイツのライフスタイルを
簡潔に掲載し、ドイツで生活する
上で参考にしていただきたい
情報が満載です。
ドイツでの生活について、
電車の乗り方や
車の運転の仕方、住宅の探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、
子供の幼稚園問題、文化、お金の話、
人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、多岐にわたりわかりやすく具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな
生活用品、
食材ではトマトやキャベツといった個々の
素材まで、日本との違いやその
良し悪しを率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方やドイツの学校で
留学する方、研究に訪れた方や、ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは
国際結婚されてドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、
ドイツの暮らしに
興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが
書かれているので「へぇ〜」っと思うことが
たくさんあるのでは?
ドイツを知るお勧めのホームページです。
夢の文化大国、
ドイツ。
特に裕福でもない人々が、
豊かな自然と
文化が融合した環境の中で、
ゆったりとした生活を
楽しんでいる。
その基盤となるドイツ社会とは?そして
ドイツ人気質とは?ドイツに在住の日本人による
ドイツの暮らし方の
紹介です。
ドイツのライフスタイルを簡潔に掲載し、
ドイツで生活する上で参考にしていただきたい
情報が満載です。
ドイツでの生活について、電車の乗り方や車の運転の仕方、住宅の
探し方、ドイツでの食事事情(食材についても細かく)、子供の
幼稚園問題、文化、
お金の話、
人間関係の話、ドイツに暮らす日本人の生活など、
多岐にわたりわかりやすく
具体的に書いてあります。
例えば洗濯機や浄水器といった細かな
生活用品、食材ではトマトやキャベツといった個々の
素材まで、日本との違いやその良し悪しを
率直に書いています。
企業の派遣でドイツに赴任している方や
ドイツの学校で留学する方、研究に訪れた方や、
ドイツへの赴任の予定がある方(もしくは国際結婚されて
ドイツにはじめて住まれる方)はへぜひお勧めいたします。
また、ドイツへ住まれる予定のない方でも、ドイツの暮らしに
興味がある方はとても面白く読むことができると思います。
細かなところまで具体的な違いが
書かれているので「へぇ〜」っと思うことが
たくさんあるのでは?ドイツを知るお勧めのホームページです。ドイツの生活情報と掲示板1:ドイツでの趣味に関する掲示板 趣味 − スポーツ − 同好会や親睦会や仲間募集の場、同好会のリストはこちら
ドイツの生活情報と掲示板2:ドイツでの女性に関する掲示板1 恋愛や結婚や家庭 − 料理 − 美容や健康や病気 − 育児や教育など意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板3:ドイツでの女性に関する掲示板2 流行 − うわさ − 街の話題など何でも話し合う和気藹々の井戸端会議
ドイツの生活情報と掲示板4:ドイツでの事件に関する掲示板 生活や職業や組織上のトラブル − 苦情や不平 − 犯罪や盗難や事件など意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板5:ドイツでの討論に関する掲示板 ドイツという国やドイツ人やドイツの風習や日本や日本人との比較などの意見や情報交換の場
ドイツの生活情報と掲示板6:ドイツでの情報に関する掲示板 街や催物やショッピングやお店などの情報 − 耳寄りな話や面白い話や役立つ話
ドイツの生活情報と掲示板7:ドイツでの生活に関する掲示板 その他生活一般やIT関連など
ドイツの生活情報と掲示板8:ドイツでの取引に関する掲示板 住居(貸します) − 売買(売ります) − 求人 − 新事業や新製品紹介 − その他取引関連
ドイツの生活情報と掲示板9:ドイツでの<告知板や質問箱> EbiharaGermanNetの掲示板です。ご自由にどうぞ。